CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 2
 
解体が一段落しました。



ひとまず、すっきりしましたね。

かつての階段のあとが壁に見えます。
何度も大々的に改装してきて、
随分姿を変えてきたことがわかります。



新しく鉄骨の梁が出てきたり、



ガス管が錆びているのが見つかったり。

まずは設備関係の補修を行っていきます。





| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 13:51 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 1

新町通りに店を構える やおや ワンドロップ さんの
新しいお店の工事が始まりました。

久美の料理教室で沢山の野菜をお世話になっていることもあって、
以前から、店主小谷夫妻を間近で見、
親しくお付き合いさせてもらってきました。

食や野菜、ということに
継続して真摯に向き合ってきた彼らが、
今、野菜に見出して、
お客様に伝えよう、届けようとしていることを
私なりの言葉で表現してみると・・・

外側から与えられたレッテルや区別ではなく、
野菜の可能性を見出し、信じて、
そこを引き出して、結実した、人(農家)と野菜のコラボレーション、
と、言えるかもしれません。

つまり、一言でいえば
そうやってできたものは 美味しいのですが(笑)、
そこには、いのちのかがやきに出逢った感動が
生まれます。

野菜の放つ内側からの光は
食す方の内側の可能性をも照らし出すのです・・・。


そんな野菜や農家さんを日々、
探してきて、見つけて、売っているお店ですから
これはきっとありきたりの八百屋さんのような店構えにはなりませんね(笑)。

設計を依頼されたときには、
野菜一つ一つがしっかりと見えてくるようなお店になるといいな、と
彼らの想いを感じながら、想像しました。



そうしていよいよ、今月の頭から始まった工事。



テナントは古い町家が二軒繋がっていて、
幾度もの(大胆な!)改装を繰り返してきていました。

そうして貼り重ねられた諸々を一度取り払って、
傷んだ躯体を直しつつ、



新しい場を造り上げていきます。


施工は櫛谷建築さん。
どうぞよろしくお願いいたします。













| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 12:55 | - | - |
<< | 2/2PAGES |