CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
草花と息する時間
 
上門前の家に珍しいお客さんがやってきました。


銅版画で路傍の草花を描いている北中幸司さん。


今日は上門前の家の庭の草花を描いてくれます。



数年前に展覧会で
彼の描く草花のスケッチを見て、
そこに流れる時間の静謐さに感動したのを覚えています。

植物に寄り添うように、
同調して描かれた行為の過程、
経過した時間、
通わせた意識 がそこには息づいていました。
そのことによって、見えてくるもの。

確かに存在するけれど、
このような形で取り出され表現されることで、
私たちが認識し、共有できる何か。

草花のいのちの震え。

・・・見ているうちに
こちらの内側で共鳴してくるものを感じました。


それ以来、
上門前の家で展覧会を、とお願いしていたのですが、
銅版画の作品がたまってきたので、そろそろしてみましょうか、と
いうことになり、
今年の11月に展覧会をすることになりました。


その展覧会に出品するひとつとして
ここの庭の草花を描いてもらえることになったのです。



銅版画の道具です。
右側のトレーシングペーパーで覆われた中に
銅板が貼られています。これが原版になります。

ペーパー越しに鉛筆で描くと
銅板の表面をコートしている材がはがれます。
その部分は銅がむき出しになるので、
液につけたときに腐食されて、インクが入るようになり、
原版になるという仕組み。

現場で描いた線がそのまま原版になっていくので、
北中さんの仕事にはよく合っているのでしょう。

描き終った後にもって帰る途中で
上から圧がかかって余計な線が出来ないように、
左のへこんだ部分に銅板が納まるようになっています。

このセットを数種類のサイズ持ち歩いて、
モチーフにあうサイズのものをその都度選んで描くそうです。




庭の中で描いている北中さん。
植物と光に混ざりあって一体化していますね・・・。




二日間通ってもらって、描いたのは ベル鉄線。

微かに震える・・繊細な線です・・。


これから銅板にしたてる過程を経て
完成していきます。

秋の展覧会には出品される予定です。
お楽しみに。







| くらしのかたち展 | 23:05 | - | - |
くらしのかたち展
 
25日から28日までの4日間、
上門前の家で開催された『くらしのかたち展』、
無事に終了しました。

沢山の方にお越し頂きありがとうございました。

参加していただいたものづくりの皆さん、
ありがとうございました。ご苦労様でした。
スタッフの皆さん、ご苦労様でした。
おかげさまでほぼ全てのものに
祝福されたかのように相応しい出会いがあり、
それぞれの場へと巣立っていきました。
ありがとうございました。


ものをつくる、ということは
感じ、思考して、行為することの集積であり、
できあがったものを介して
わたしたちはその過程でできあがった流れを
感じ、受け入れることができるようになり、
ある実体として認識することができるようになります。

こころの中で感じているけれど言葉にならないもの
見たことのないなにか、が
ものとしてかたちになっていきます。

そのものが示唆してくれるなにかを
感じ、思考して、行為していくことから
くらしに新しい流れが生まれてきます。

わたしたちの生きている世界には
まだ認識していない流れや可能性が
沢山あると思います。

まだ見ぬ 気づいていない 美しい世界を
見たいと思います。


くらしのかたち展 は
その可能性を探求するこころみのひとつ 
であるとも 思っています。

これからもその作業は多くの人との繋がりの中で
続いていくことでしょう。



ありがとうございました。





| くらしのかたち展 | 20:35 | - | - |
くらしのかたち展 高須くんの春番茶
 




先日紹介させていただきました木工家の臼杵さんのお弟子さん
高須くんが栽培し、焙じた春番茶の紹介です。


お茶は世界中でのまれているものですね、
日本では抹茶、煎茶 緑茶 ほうじ茶 番茶 紅茶や今ではウーロン茶など
海外のお茶も日常にいただきます。

働き者の人間に神様がきっと『いっぷくは必要よ』『休憩大切よ』と
お茶の木をこの星に誕生させたのではないかと思っているのは私だけでしょうか。
新茶をこの春摘ませていただき、小さな若葉があまりに神聖なことに
気づきました。
今のご時世急須でお茶を入れる人が少ないとか、
ペットボトルのお茶が安いからお茶をわざわざいれない人がいるとたまに聞きます。
まあ…そうれはそれでその人がよければいいのだと思うのですが、
なにかとても残念な気持ちになります。
番茶の煮出している時の香りや、
琥珀色のお茶が湯のみの中でゆらゆら揺れているさまは
美しいものです。
丁寧にいれたお茶はほんとうに、『あ〜〜おいしい』と
お風呂に浸かった時に様に身体も心もゆるみます。

以前私はお茶を美味しくいただく環境に身を置いていた時期があります。
そのとき、抹茶や煎茶、玉露の作法の奥深さに触れていました。
一杯のお茶で宇宙観を表現し、時、空間を自由に移動しているかのような、
また一点一点 今を見つめていくお茶の世界は、若かりし私には
未知であり、なにか、大きな意図を感じたお茶の世界でした。
そのころ、よく、奥様に『普段飲むお茶をどんな状況でも
美味しく入れられる人になりなさい。それが暮らしであり大人です』と
言われて過ごしました。

いやはや、39歳になって、未だなお、美味しくお茶をいれることが困難な私ですが、
おかげさまで美味しいお茶の葉っぱは分かるようになりました。笑
口が肥えただけかも?しれないですけど…笑





宇治の臼杵さんの工房がある、宇治市二尾は元々は
お茶の産地です。
しかし、時代ともに、村の過疎化や様々な環境が変わり、
今はごく少数の家の方しかお茶栽培はされていません。
そんな過疎の二尾の村に流星のごとく現れた臼杵さんのお弟子さんが、
高須くんが
『お茶…やってみようかな…。』

こうして、消えかけていた二尾のお茶…に小さな灯火。

今年2年目、村の方々に色々教えてもらいながら、
この春取れた番茶の紹介です。


この展覧会『くらしのかたち展』では基本、森田家が普段
いつも使っているものを作家さんと作りみなさんに紹介する。
お茶もそうです。
毎日飲む、いつも使うもの…飲むもの、食べるもの…。
私たちスタッフの暮らしもそうですが、
しっかり支えてくれている臼杵さんのお椀、そして高須くんのお茶。
今回是非にみなさんに飲んでいただきたいと思います。

とても香ばしい二尾の春番茶です。ほのかにあまく、
熱くても、冷めても美味しいです
そう!茶粥にもピッタリです。
濃いめに出した春番茶でお粥を作ります。
たくあんぽりぽりしつつお茶粥なかなかいいですよ。


そうそう、それと、
今回の春番茶焙じは高須くんにお願いしました。
当初私が頑張る予定!!張り切っていたのですが、
いはやは、品質を一定に、また美味しく焙じるには技術見極めが大事です。
なので、いつもお茶と共に過ごしいる高須くんに任せた方が
美味しいですよね、あたりまえか〜


なので、私は今回お茶詰めに専念します(^^)
今回は1リットルに1包入れて煮出していただけるようにと
梱包していますので、お使いやすいかとおもいます。
勿論無農薬。






数に限りがございます。
売り切れ次第終了いたしますので、ご了承下さい。









上門前の家でむすぶ 催し くらしのかたち展
     ーわたしたちのくらしー

森田建築設計事務所 上門前の家にて 
1年と8ヶ月ぶりの展覧会です。
今回くらしのかたち展を行う運びになしました。
展覧会のテーマは初心に戻って…

ーわたしたちのくらしーです

わたしたちの営みから育まれたカタチや香り、味、色、

今回は4日間展示販売致します。
みなさまお誘い合わせのうえ是非お越し下さいね


日時:2011年6月25日26日(前半)
          6月27日28日(後半)

開場:12時オープン 17時終了。



上門前の家のアクセス
住所 京都市北区紫野上門前町6−2
連絡先 075-495-0440
森田建築設計事務所 上門前の家 

地下鉄 北大路駅下車徒歩15分
市バス 大徳寺前下車 徒歩10分以内

住宅地ですので自転車の駐輪場がこざいません。
道路に自転車を止めることはできませんので、
公共機関、もしくは徒歩でお越し下さい。

車でお越しの方は、近くの(大徳寺や商店街のパーキングをお使い下さい)







また、会場12時オープンですが、住宅地の為、
上門前の家の前に並んで待っていただくと、
近隣の方々にご迷惑になりますので、くれぐれも、
12時開始以降にお越し下さい。
| くらしのかたち展 | 10:09 | - | - |
上門前でむすぶ催し くらしのかたち展  臼杵椀

 


上門前の家でむすぶ 催し くらしのかたち展
     ーわたしたちのくらしー

今回の展覧会に一緒に物つくりをしていただきましたみなさんの紹介です。
※くらしのかたち展では森田徹 森田久美がいつもお世話になっています
作家の方々とものつくりをしています。

まずは、木工家 臼杵春芳さん

今回は『お椀』と『弁当箱』を沢山作っていただきました。
『臼杵椀』を使い出すと…他が使えなくなるのが、少し怖い。(笑)
私たち夫婦が臼杵さんのお椀を使い始めて4年になりますが、
お味噌汁も美味しい…ごはんも美味しい…
見ていて、胸が熱くなる…どうしてなんでしょうね、
手にして、なんだかいつも家に還ってきた時のような
揺るぎない安心感が臼杵さんのお椀にはあります。
それは一体何故か…


続きを読む >>
| くらしのかたち展 | 20:27 | - | - |
上門前の家でむすぶ催し くらしのかたち展




上門前の家でむすぶ 催し くらしのかたち展
     ーわたしたちのくらしー

森田建築設計事務所 上門前の家にて 
1年と8ヶ月ぶりの展覧会です。
今回くらしのかたち展を行う運びになしました。
展覧会のテーマは初心に戻って…

ーわたしたちのくらしーです

わたしたちの営みから育まれたカタチや香り、味、色、

今回は4日間展示販売致します。
みなさまお誘い合わせのうえ是非お越し下さいね


日時:2011年6月25日26日(前半)
          6月27日28日(後半)

開場:12時オープン 17時終了。



上門前の家のアクセス
住所 京都市北区紫野上門前町6−2
連絡先 075-495-0440
森田建築設計事務所 上門前の家 

地下鉄 北大路駅下車徒歩15分
市バス 大徳寺前下車 徒歩10分以内

住宅地ですので自転車の駐輪場がこざいません。
道路に自転車を止めることはできませんので、
公共機関、もしくは徒歩でお越し下さい。

車でお越しの方は、近くの(大徳寺や商店街のパーキングをお使い下さい)







また、会場12時オープンですが、住宅地の為、
上門前の家の前に並んで待っていただくと、
近隣の方々にご迷惑になりますので、くれぐれも、
12時開始以降にお越し下さい。


随時作家さんの紹介を致します。お楽しみに。


| くらしのかたち展 | 07:09 | - | - |
くらしのかたち展 前半
14日から始まった『第4回くらしのかたち展』、
おかげさまで沢山の方々に来ていただいています。
どうも有難うございます。
今日16日で前半を終え、
明日から折り返し後半の3日間+ライブへ向かいます。
初日は開場が遅れるなどの不手際もあって、
来ていただいた方々にご迷惑をおかけしましたが
おかげさまで何とか3日目まで参りました。

15日にはお話会『家について 土地―家―人のむすびかた』に
沢山の方々に来ていただき、どうも有難うございました。
皆さん大変熱心に聞いていただきました。
当日のことについて、一緒にお話下さった重松さんがブログ
に書いておられます。
今後、この会から何か発展していきそうです。楽しみです。
又改めて感想等書きたいと思います。

16日、アロマカウンセリングは来ていただいた方々の表情の
前と後での変わり具合が見ていてとても興味深かった。
終わった後で、それぞれに顔を輝かせて下りてくる様子を見ていると、
香りの人への効用、また
それが愛情を持って伝えられるとこんなにも生き生きしたものになる、
ということにあらためて想い至りました。有難うございました。





これは鍛鉄製のキャンドルスタンド。
『十字』のかたちの上で灯す火は、
日常と違う意識を生活の中にもたらしてくれるでしょう。
・・・そのようなことを想いながらデザインしました。
上の写真の燭台は食事の際にテーブルの横に立てて使うのもよいですし、
下の写真の方は壁掛けでも卓上でも使えるように
ちょっと工夫がしてあります。
会場で手にとってご確認下さい。
荒々しくなりがちな鍛鉄を
繊細さのある仕上がりで作って下さったのは宇根田さん。
槌目がついて、蜜蝋を焼き付けた
自然な仕上がりは手仕事である鍛鉄独自の味わいで、
鉄の素材の魅力を感じさせてくれます。
森田建築設計事務所の設計する物件の中でも
色々なものを作っていただいていますが、
それがあることで
細部から空間が生き生きしてくる様子を実感しています。


くらしのかたち展
後半3日間+1日、よろしくお願い致します。




| くらしのかたち展 | 00:16 | - | - |
臼杵さんのつくるもの 〜『くらしのかたち展』
りほうにて開催中の臼杵さんの個展に行った。(火曜まで)



一足早い誕生日とクリスマスのプレゼントと口実(?)を設け、
我家では漆塗りの飯椀を二つ、二人用に購入する。
臼杵さんが一つ一つ手刳りで木(桜)の固まりから彫り出して、
岩手県浄法寺の国産漆を塗ったものだ。


臼杵さんの器で食事をすると元気になりそうな気がする。
手に取ってみると何だか有り難いものに見えてくる。
一見、粗野な仕上がりなのだけど、とても繊細な部分も併せ持っている。
そこには現代の人の感性とは思えないような、
人が自然の中で動物や植物や様々な精霊や神々と
一緒に生きていた頃の感性が息づいているようで、
その中で命が生き生きしている。

臼杵さんのつくるものの向こうには
そんな時代の風景や建物、室内の様子やくらしが見えてくるのだ。
それは例えば、溝口健二の映画『山椒大夫』に出てくる館であったり、
堂々とした梁組の下、大黒柱のある土間で
家人達が立ち働いている様子であったりするが、
大地にしっかりと根っこが生えたような暮らしぶりだ。

それは臼杵さんのつくるものに共通して感じられるもので、
それを感じたくて、一緒にものをつくったり、
ものを買ったりするのかもしれない。

今回のくらしのかたち展では
臼杵さんには器やまな板、
そして座卓(受注を受けて制作したものを購入者のご好意で特別に展示。)
などを出品してもらいます。楽しみです。
| くらしのかたち展 | 23:51 | - | - |
冬至に想うこと〜上門前でむすぶ催し『クリスマスの夜に・・・音楽会』
くらしのかたち展を締めくくる形で
12/20の夜に上門前の家で
『クリスマスの夜に』と題してライブを行います。
ソプラノヴォーカルとギターとバイオリンのシンプルな構成で
クリスマスの歌と皆がよく知っている歌を演奏します。


20日はことだまの会からちょうど2ヶ月目で、冬至の二日前。
冬至は一年で一番日が短くなる日で
この日を境にまた日が長くなっていく極まりの日。
洋の東西を問わず、古くから
色々な形で祭祀が行われてきた重要な日。
太陽神の誕生日であったり、一年の始まりとも見なされた。
キリストの誕生日=クリスマスがこのあたりなのも
歴史的事実と言うよりは、そういう象徴としての意味合いの方が
大きいようだ。おかげで今でもその日を皆で祝えるようになったのだけど。
(意味を忘れがちだけど・・。)

一年続いて来たいのちの営みが受け渡され、
新たな一年のいのちの営みが始まる日。
太古より延々と繰り返されて来た
そのむすびがあって
今のいのちがある。今の自分たちがいる。

冬ごもりしている動物達は眠りの中で
その受け継がれて来たいのちの流れに浸りながら
春の目醒めを待っているのではないだろうか。
と、雪の中で丸くなって眠る動物達を描いた
ある版画を見て想ったことがある。

親の親の親の親の親・・・
みおやから受け継がれてきたいのちの先に
今の自分がいることの奇跡、有り難さ。
冬至と言うのは
そういうことを静かに想ってみる日なのかもしれない。


そんなことを想いながら、
この日の曲を選んでみました。


『上門前でむすぶ催し クリスマスの夜に...音楽会』
12月20日(木曜日)
※くらしのかたち展が12月19日(水)の次の日
開場6時30分 開演7時
場所:上門前の家 森田建築設計事務所
チャージ:1500円 子供は無料※ケーキ付き
ソプラノ 稲葉ユキ
ギター 浦川浩一郎
バイオリン 森田徹

予約制 森田までメールでご連絡下さい。
| くらしのかたち展 | 21:48 | - | - |
くらしのかたち展 『家について』
12/14〜19まで、くらしのかたち展(第4回)を
上門前の家(事務所)にて開催します。
今回は新しい試みがいくつかありますが、
その一つとして私も15日(土)夜7時スタートで
『家について』の話をさせて頂きます。
独立して10年、設計に携わる中で『家ってなんだろう』
とあれこれ考えてきました。
考えつつ感じつつ、設計してきた中で見えて来たことを
お話することで、皆さんが家について考えてみる時に
何か新しい視点が生まれたら、と思っています。
先日、ことだまのイベントでご一緒した情報推命学のお二人を
ゲストに迎えての会になります。どんな会になりますか、
どうぞお楽しみに。

| くらしのかたち展 | 22:00 | - | - |
<< | 2/2PAGES |