CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
あけましておめでとうございます

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

今日から仕事始めです!

 

 

お知らせです!

 

1/8(火) 6:45〜 放送 の 

 おはよう朝日です (朝日放送)

『和牛のこんなところにポツンと美味い店』

 

1/19(土) 11:00〜 放送の 

LIFE 〜ゆめのかたち〜 (朝日放送)

 

にて 心根さん() が紹介されます。

 

心根さん HP 

 

 

 

 

ぜひごらんになってみてください。

 

 

 

 

森田建築設計事務所

森田 徹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 11:51 | - | - |
竣工  ( 心根 古民家改修 12 )

 

 

家具作家の田中輝明さんの

手になるテーブルが搬入されてきました。

 

 

北海道産のいたやかえでに

柿渋とオイル拭きを施したもの。

 

 

椅子ともよく合っています。

 

 

南の間。テーブルが揃って

お客様を迎える準備が整ってきました。

 

 

 

 

店主・片山さんの学生時代からの友人で

カメラマンの原野純一さんが

竣工写真を撮ってくださいました。

繊細な美しい光をとらえる方で仕上がりが楽しみです。

 

 

グランドオープンを控えて

片山さんはじめ

スタッフの皆さんにも希望と新鮮な緊張感が漲ります。

 

 

大屋根の下、

明るく生まれ変わった深い軒が

お客様をゆったりと迎えてくれるでしょう。

 

 

12/3に

外構工事も一段落し、現場は一通り終了しました。

庭や蔵はまたこれからの楽しみに、少しずつ

整っていくことでしょう。

 

 

櫛谷建築の皆さま、

古い民家の手のかかる作業に加えて

地震や大雨、台風といった打ち続いた天災に、

法手続に伴う工事などなど、困難の続く工事でしたが

最後までゆるぎなく美しい丁寧な仕事で納めていただき

どうもありがとうございました。

 

現場監督の太田垣さんに去り際、

別れを惜しむ隣のおばあちゃんの様子を見て、

建物だけでなく周りの方々との関りも丁寧に整えて頂いたことを

感謝します。

 

 

生まれ変わったこの古民家は

心根さんの料理とおもてなしで

みなさまに感動とよろこびをもたらしてくれる場として

永く息づいていくことでしょう。

 

みなさまどうぞ山間のこの素敵な環境の中、

道中も楽しみながら、脚を運んでみてください。

きっとよろこんでいただけることと思います。

 

 

心根

〒569-1001

大阪府高槻市中畑久保条15番1

072-691-6500

 

https://www.cocorone0309.com/

 

 

 

・・おこしになる際には

お店のすぐそば、

中畑のバス停前にある氏神様の

大神宮社にもぜひお参りされてください。(

心根さんをここに導かれた、

食の神様 豊受気昆売神(とようけびめのかみ)が祀られる

小さな、清々しい気に満ちた神社です。

伊勢神宮の外宮にもお祀りされています。

今回の工事の間も

ずっと見守っていただいた感じがします。

 

 

 

森田建築設計事務所

森田 徹

 

 

 

 

 

 

 前回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 09:11 | - | - |
現場より  ( 心根 古民家改修 11 )

 

師走も半ばを過ぎ

冬至となりました。

もうすぐクリスマス、

今年も残すところあと10日ほどです。

 

心根さんも

12/7にグランドオープンを迎えてから

もう早や2週間近くが過ぎました。

 

 

お店の方が実際に料理をし、

お客様へのおもてなしが始まって

場としてのいのちが息づいているのを

昨日、家族でうかがって、うれしく見せてもらいました。

 

直接、行って見て

心根さんの料理に感動して

場と合せて楽しんでいただければと思います。

 

 

で・・遅くなりましたが

現場報告をもう少し。

 

先月の末、

黒土間のおくどさんが

仕上がってきました。

 

 

朱の漆喰磨き仕上げ。

黒磨きタイルと黒土壁の中に

あかあかと映えます。

 

 

仕上げの朱漆喰磨きが

熱の影響で傷むことがないように、

火床の耐火煉瓦積みの外側に通気層を設け、

その外側にもう一度、レンガ積みして

それを下地に左官仕上げを施してあります。

火床内側は耐火モルタル塗り仕上。

通気は足元から入り、

火床上の鉄枠の下から抜けるようになっています。

かなり手の込んだ造りですが、その分、

磨き仕上は長くもつでしょう。

左官匠宮部さんと相談して造りを決め、

詳細図を起こしました。

 

 

釜をかける方の火床。

 

 

炭床側の火口。

鍛冶の宇根田さんに上の鉄枠と合せて

空気調整用の可動蓋を造ってもらいました。

 

煙や熱気は

元々ここの上部にあった

おくどさんのための煙り抜きの部分を利用しつつ、

換気扇を仕込んで排気できるようにしてあります。

 

 

仕上がったエントランス土間。

 

 

たたき風土間に

山石で円を描きました。

上がり段の手すりはこの家にあった鋤()。

 

北の間の客席。

 

 

壁付の照明器具が設置され、

窓には上げ下げ障子がはめられました。

桐板の壁とわびすけで古色付けされた柱梁、

そして、さわらへぎ板と檜で造られた唐棟天井が

清々しく光を映します。

 

この部屋は元々座敷の裏側で

煤で真っ黒になった低い天井に

巾の狭い開口がただ一つだけある

三方を壁に囲まれたナンドでした。

 

建物の北東角で開ければ澄んだ静かな光が入ります。

その光を美しく受けようと想ううちに、草案のスケッチの中に

「てりむくり」の唐棟(からむね)天井が現れてきました。

 

唐(から)という呼び名が付いていますが、

この形は、日本のおかれた状況の下で

想像と創造が満ちて生まれてきた日本独自のものです。

(このあたりのいきさつは立岩二郎氏の著書

『てりむくり』に詳しい。大変面白い一冊です。

 

構造補強のための水平構面で低く抑えられた窓際の天井が

室の内側で伸び上がるように膨らむさまと呼応する形

 

やさしく包み込みながらも閉じない自由さのある形

 

そして静謐な光に相応しく、

この場所や季節の恵み、農のいとなみ、いのちに感謝する

しつらえのできる雰囲気をもたらす形・・・

 

この室にはたらいていた見えないうごきが

この形をもたらしたとも言えそうです。

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 08:08 | - | - |
現場より ( 心根 古民家改修 10 )

 

明日から師走、気がつけば

もう今年も残すところ一月になりました。

 

現場の方はおかげさまで

外構工事をあと少し残して

無事に竣工しました。

12/7 には 心根さんはグランドオープンを迎えます。

年末、冬の始まりの澄んだ空気の中、

高槻・中畑の気持ちよい山ふところで

美味しいお食事を楽しんでいただけます。 ⇒ 心根さんHP

(心根さんのHPのトップページに

今しばらくは元の正面の姿の写真が出ています。

下の写真と見比べると

その変わりように驚かれるかもしれません・・)

 

現場からの報告は少しさかのぼりますが・・・

 

 

外構工事も進んできました。

アプローチの飛び石も据えられ、

砂利が敷かれてきました。

 

エントランス土間も仕上がりました

 

 

以前ご紹介した鋤は

正面の階段の手すりになりました。

 

 

円窓

少し欠けた円は

心根さんの料理で

丸く満たされることでしょう。

 

エントランスの根継した柱は

今回の工事の象徴です。

 

 

少し大きくつくった根継部は

又長い長い年月の後に

乾いて縮んで既存の柱のサイズと揃います。

 

 

黒土壁と黒タイルと黒鉄板のある

黒土間

 

おくどさんの仕上作業が進んでいます。

 

 

土塗りの上に漆喰磨き仕上の

下地塗りを施しています。

 

 

客席へ上がる階段と手すりの

色付けが施されました。

あとは来られたお客様の手で歳月を経て

仕上がっていくでしょう。

 

左手の収納引き出しと建具は

この家の造作で使われていたものを再利用したもの

 

 

想い出のシールと共に

親方の粋

 

厨房の中も整いました。

 

 

機器たちも始動を待っています。

 

 

外部にプロパンガスボンベも設置完了。

 

軒下に砂利が敷かれました。

 

 

白木の化粧軒天井、

木舞打垂木が連なる心地よい眺め

 

 

 

 

幾度となく通った峠道

この眺めともあと数度で

しばしのお別れ

 

 

数日後・・

 

 

椅子が搬入されてきました。

 

 

革張りの座の椅子と

籐編みの座の椅子は

どちらも肘掛がついて

ゆったりと座れます。

 

 

レジ周りに電話などが設置されました。

 

 

レジカウンターは欅の古材天板と同材の框組。

壁側にはおもたせが並びますので

漆喰パラリの白い壁としました。

 

この3つのペンダント照明は

店主片山さんと一緒に探した

アンティークの菊型のガラスシェード。

お店に行かれましたら、

どうぞその上の天井もご覧ください。

3灯とも吊り元もアンティークの菊型の陶製ローゼットで

揃えてあります!

 

 

外部では

駐車スペースの区画を示すコンクリートの工事が進みます。

 

 

 

 

< 前回    つづく >

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 23:15 | - | - |
現場より ( 心根 古民家改修 9 )

 

竣工を目前に控え

現場では

熱の入った作業が続いています。

 

 

軒下に出来上がってきた

犬走り土間に映る

梅の影 

 

 

隅々まで

見違えるように生まれ変わった姿に

最初の姿を想い

胸が熱くなりました

 

 

レジカウンター周りは

元々この家にあった古建具で

構成されています 

 

 

仕上塗りを待つ

土塗りの終わったおくどさん

 

 

ワラスサ入りの黒土塗りで

壁の仕上がった黒土間

空磨きされた古い柱や梁は

引き締まったツヤを湛え 蘇った表情

 

 

煤竹格子の立ち並ぶ

黄土塗り円窓 

 

 

4種の木の染料で染められた

竹紙貼り壁の仕上がった床の間

枯れた舟板や栗古材とよく取り合っています

 

 

竣工までもう少し

現場の皆様よろしくお願いいたします

 

 

 

< 前回   つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 18:48 | - | - |
お米さん収穫祭

 

先日の日曜日、

今年のお米さん収穫祭が上門前の家にて行われました。

 

今年は天候のせいもあって

田植え、稲刈りともに山田さんの機械にお任せで

私たちは何の作業も出来なかったのですが

それでもこうして

かかわりのある皆で集まって

お米さんの新米を頂くのはよろこばしく、おめでたいこと。

厳しかった夏の暑さや色々乗り越えて、

収穫できて頂く事が出来るのは感謝しかありません。

今の田んぼになってから今年で10年です。

 

今年の収量は今までと比べると随分少なかったのですが、

山田家くんちゃんによると

理由は色々、

天候による影響がまず大きいようですが

その次には収穫時期が他の稲と少しずれている分

鳥たちに食べられる量もそれなりに多いようです。

又手刈りだとわらが田んぼの土に還されないのですが、

それも土を肥やすという意味ではマイナスになっていたようです。

 

手刈り、はざかけには

天日干しのよさもあるのですが、

はざかけしたあとに雨が降るとカビが生えて

乾燥が十分でない状況も生まれてきたり・・と

一長一短なところはあります。

 

色々諸事情もあり、

これからは機械で収穫ということになりますが、

こうして関わった皆でよろこびあえる機会が

これからも続いていきますように、

皆さんと一緒に続けていきたいと思います。

 

収穫祭では10年前には山田家にしかいなかった子供たちが

沢山増えて、今年もまた新しい赤ちゃんが2名デビュー!

会場を駆け回る子供たちの笑い声と

皆さんの持ちよりおかず、

そしてお米さんの新米ご飯のおいしさで

皆、ほかほかと幸せに満ちた気持ち。

 

山田家の皆さん、

今年も一年沢山お世話になりどうもありがとうございました!
参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!

又来年も一緒にお米さん仕事を楽しみましょう!

 

 

感謝合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 上門前の家 | 18:05 | - | - |
お知らせ(ギョウム連絡)

 

本日、午後より携帯電話使えるようになりました。

 

ご迷惑おかけしました。

 

 

現在、携帯電話が使えなくなっています。

 

ご連絡のある方は事務所にお電話いただくか

 

メールでお願いします。

 

早急に復旧しますが、

 

戻るまでしばらくよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

森田建築設計事務所

 

森田 徹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:08 | - | - |
現場より ( 心根 古民家改修 8 )

 

現場では

大工工事がようよう終盤に差し掛かってきました。

 

 

壁の左官下地ボードが張りあがっています。

何気なく納まっていますが、

戸が引き込まれるようになっていたり、

スイッチが隠されていたり、

色々手のかかったところ。

出来上がりはさりげないのが

もちろんよいです。

 

 

南客室の船底天井は

すす竹を張り詰めたものです。

 

 

壁が出来て

光を受ける面が出来てくると

その場のたたずまいが見えてきます。

 

 

塗装の色が

光の印象を又変えていきます。

 

 

 

かつての煙出しの辺りには

今回も厨房換気扇からの排気が出されました。

設備工事も仕込みは完了です。

 

 

庭に転がる沢山の石から

アプローチに使えそうな石を探します。

 

 

数日後・・

 

 

外構のアプローチに

先日、めぼしをつけておいた石を

店主・片山さんと一緒に並べて、見ます。

 

 

石の配置が見えたら

その辺りの仕上も決めていきます。

 

室内での

左官工事が始まっています。

 

 

まずは下塗りから。

大人数でかかると

あっという間に面が塗りつぶされ

印象が変わっていきます。

 

今日は厨房機器の搬入、設置もあります。

 

 

郡司製陶所制作の黒磨きタイルも

ほぼ貼り終わり、

厨房が出来上がってきました。

片山さんは出来上がって来た仕事場で

久々の厨房機器との再会に感慨深げでした。

 

 

南客席の壁面も下塗り中。

 

 

窓辺のたたずまいが次第に見えてきました。

 

 

新しく設けた化粧軒天井は

眺めを枠取りし、

窓辺に明るさをもたらします。

 

 

ここからは左官工事が進んで

日に日に現場の様子が変わっていきます。

完成までもう少し、

現場の皆さま、よろしくお願いいたします。

 

 

 

< 前回          つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 19:17 | - | - |
現場より ( 心根 古民家改修 7 )

 

10月に入り、

おかげさまで

大きな山を越える事ができました。

感謝です。


 

現場も進み、

いよいよ仕上工程に入ってきました。

ここまでの様子を振り返ってみたいと思います。

 

 

台風ではこのような被害もありました。

 

 

修理の後、

現場は進行していきます。

 

 

厨房前のカウンターや

周囲の壁下地が姿を現してきました。

受け止める面が出来て、

煙出しの高窓からの光が生きてきます。

 

 

空調設備を仕込んでいます。

 

 

機器本体は大屋根下の屋根裏に納め、

そこからダクトで各室に送ります。

 

手前、南の客室では

造作と天井が進んでいます。

奥の北の小間でも天井の作業が始まっています。

 

 

北の小間は

てりむくりのある唐棟天井になります。

曲線の垂木が並んでいます。

 

 

唐棟妻壁の空調吹き出し口。

寸法的にはなかなかタイトでしたが、

チャンバーボックスなどうまく納めてくれました!

 

南の客室では・・

 

 

床の間が姿を現してきました。

栗、松、杉の舟板などの古材を組み合わせて

造りましたが、

よく馴染んで一体のものになった感があります。

 

カウンター客席は

垂れ壁と天井下地が出来て

空間のボリュームが生まれました。

 

 

・・落ち着いた席になりそうです。

 

正面の大きな横長の窓は

店主・片山さんが立ちはたらく背景になります。

緑と光を導きいれるピクチャーウィンドウですが

このサイズ・形状のまま、

窓が開くように仕掛けを考えています。

 

 

それから数日後・・

 

 

土間に埋め込む石を仮置きしていきます。

これらの石も柱の下の石も全て

元々ここの家で使われていたり、

敷地にあったものを選びました。

 

 

造作が進んでいます。

 

 

お!

思わず手を触れたくなるような・・・

 

・・階段ができてきました!

 

 

土間から客席へと上がる階段です。

これから料理を頂くにあたって、

気持ちの高揚するような

なんだか楽しくなるような

手すりになればと思いました。

お客様、皆に触られて、

つるつるぴかぴかに

なってくれたらいいなと思います。

 

本歌は駒場にある

日本民藝館の大階段の手すりなのですが、

櫛谷さんの手になって、

図面で描いていたときより

雰囲気のあるものに仕上がったようです。

 

この階段を上がるのはなかなか楽しい・・

 

 

そして、

さらに奥の部屋では・・

 

 

北小間の

唐棟天井が出来上がってきました。

さわらのへぎ板が美しい光沢を見せています。

 

 

壁には桐板が張られていきます。

 

北の部屋なので

静かに明るく落ち着いた場になっていきます。

 

 

その間に

南客席の床の間の壁面に貼られる

竹紙が出来上がってきました。

 

 

檜、杉、楠、そよごと

四種の木からとった染料で染めたもの。

 

自然な色合いから感じるのは

色というよりは微細な波動

心身がゆるみくつろぎ

やすらいでいくように感じます。

 

竹を伐ってから

四度の星霜と数々の工程を経て

生まれた表情です。

話を聴いていると

あの硬く青々とした竹から

ここまでに至るには

本当に惜しみない多くの手作業と

発酵などの作用がはたらいているのがわかりました。

とても貴いものだと感じます。

 

枚方の竹紙作家

田上武子さんの手になるものです。

(実は久美のお母さんです)

 

 

それから数日後・・
 

 

エントランス正面の十六夜窓から。

黙々とはたらく現場の人・・

 

仕上工程が進んでいます。

厨房の壁面に

黒タイルが貼られてきました。

 

 

手で一枚一枚、

作られ、磨かれた黒タイルは

独特のむっくりとした厚みと

やわらかな雰囲気を湛えています。

 

 

益子の郡司製陶所の手になるもの。

 

そういえば、

郡司さんにはこの計画の始まった頃に、

なにかここの参考に、と閃いて

日光と中禅寺湖を廻る旅に出た際に大変お世話になったのでした。

あの時見たり感じたりしたなにごとかは

ここに繋がっているのだと思います。

 

エントランスから客席への

もう一つの階段。

 

 

古材で巡り逢った肥松の段板。

齢経て、材になってもなお

染み出す脂のつややかさ。

 

 

様々な表情の要素が

集まって、

新しい場が出来つつあります。

 

 

 

 前回   つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 20:09 | - | - |
オガワジュンイチさんのちきゅうがっこう  「アセンションについて」

 

 

10月9日

上門前の家にて

オガワジュンイチさんのちきゅうがっこう

テーマは「アセンションについて」

 

 

お越しいただいた皆様、

どうもありがとうございました。

今回、私も一緒に

お話を聴かせて頂きました。

 

これからの地球についての話で

これほど希望と光に満ちた印象を

受けたのは初めてだったかもしれません。

 

話し手や書き手の

立ち位置や観点によって、

同じ事柄についての表現が

違うものになったり、

語られない部分があったり、

筋道が変わったり

することはままあることです。

 

ジュンイチさんの話には

いのち を信じていることと

愛 がまずあって、

そこから言葉が紡ぎ出されて

いるような気がします。

彼の魂が根ざしているところ

 

そこにそうように

光のモナカ

同じところから森田久美が

生み出したお菓子

 

 

love and peace

 

 

またきっと、

よいときにお話会の機会があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 上門前の家 | 16:54 | - | - |
<< | 2/105PAGES | >>