CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< はじめての | main | 現場進行中 断熱施工 (こでいしの家 4 ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
外壁板張り続き ( にろうの家 13 )

引き続き、
外壁板張りが進行中の現場。

母屋はほぼ全周板張りが出来てきました。




外壁板張りが出来てくると
壁の厚みがしっかりとして
遠目にも全体のまとまりと存在感が増したような印象です。




コーナー部。



床下通気口も目板が縦に貫通して張られていきます。



棟下の通気口。

離れのほうも平行して進行しています。




壁がまとまってくると、
瓦と板金葺きの切妻屋根も姿がしっかりと見えてきます。
事務所近くの大徳寺の堂舎を参考に
瓦と板金屋根を切妻で一直線に納めたのですが、
いい感じで上がっています。




離れの外壁も進行中。

母屋内部は
和室の天井棹縁が設置されてきました。




リビング以外の部屋の天井は
高さを抑えてあるので
かなりの量の気積の空間が小屋裏として残ります。




こちらは寝室になる和室です。
部屋は広いですが、天井はそれほど高くしていません。
自然に床に導かれるように、開口の内法も低めに。

天井の設置が完了したところで
その上に同じ吹き込みの断熱材を施工しますが、
たっぷりとある気積の空間が
外気温に対してゆとりある緩衝帯になりそうです。
真夏にお寺の本堂に入ったらなんとなくひんやりしていた、というのと
同じような状態が生まれるのではないかなと、
断熱材と合わせての効果も期待しています。


天井のあと、
壁の左官仕上げが始まっていきます。
漆喰塗りだけでなく、
色土塗りの仕上も合いそうなので
それも検討していきます。



























 
| 『 にろうの家 』 | 17:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:44 | - | - |