CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 感覚 | main | 竣工 (あやうたの家 12) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゆるり 8

ようやく工事が一通り終了し、
引き渡しを迎えました。

ギャラリー側。




床は杉の厚板に柿渋塗り。
土足の予定だったのですが、
子供達が裸足で走り回っている様子を見ていて
靴を脱いで使おうということになりました。




一段上がった和室側。
小さな子供とお母さんがくつろいだり、
ワークショップをする場所。




こんな感じ。気持ち良さそう。

和室とギャラリーの間には
吹き抜けの天窓があります。




その上についているルーバー窓の
操作用チェーンを確認中。
こっちに回すと開いてきて・・。

見上げるとこんな感じ。



この上にあるルーバー窓を開けると
温度差で自然換気が起こります。
ここから入る光は
刻々と明るさと色合いを変えていきます。




実測調査の時に見つけた吹き抜けが
この天窓になって
空間を息づかせてくれています。




入り口には網戸がついていて、
天窓から出て行く分の空気を導き入れます。




奥のスペースとの境には
古建具の引き違いおさ格子戸が
印象を引き締めています。




トイレに古建具のガラス扉が設置されました。



厨房では
元あった収納家具を改装して再利用。
窓はこすげ先生のコレクション。

入り口側は・・・




ヒノキ板張りの引き込み戸。
ガラスは同様にこすげ先生コレクションの
アンティークの葉模様ガラス。
外壁も色を塗り直しました。




外観。
隣にある治療院と同じ色の浪板が
繋がりを感じさせます。

治療院の待ち合いの延長でもあり、
子供とお母さんのためのワークショップや
学びや発表の場にもなる、
この ゆるり というスペースは
こすげ先生と香織さんが治療院をつくるときから
そこに合わせてつくりたいと考えられていた場所です。
9年の歳月を経て、
充分にあたためられ、様々な準備がなされて、
いよいよこうして場として開かれることに、
深い感慨を覚えます。
これからが楽しみですね。


治療院に引き続き、今回も
工事でお世話になった櫛谷建築さん、
どうもご苦労様でした。











































 
| 『 ゆるり 』 | 23:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |