CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< かばたの家 10 | main | NOT PILLAR HOUSE 3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ねごろの家 10

現場は現在、外構工事が進行中。
建物の改修工事の完了した時の様子。




外観は縁側から玄関入口辺りが姿を一新して、
こじんまりとしたかわいらしい印象の家に。
内部への興味がそそられます・・。




エントランスポーチ。
土間の一二三石はお施主さんの配置。
ちょっと立ち寄った人が、ベンチに腰掛けて
窓越しに家の人と会話することも・・。
今回、玄関が正面から右側に変更されました。




玄関扉はイギリスのアンティークドア。
革巻きの鉄製引手を制作、設置しました。




扉を開けて、
玄関土間の様子。
右手の下足収納は古材製。
低めでこじんまりとした空間から・・




ガラス戸を開けると、
高くて伸びやかな空間が現れます。




新しく設けた天窓から室内へ光が回ります。
開閉式なので換気にも使えます。

エイ油で拭きこまれた既存の梁から
アンティークのペンダント照明が吊られています。
右手には古材製収納と、
レンガ積み腰壁のある薪ストーブ設置場所。




縁側の方から上へと化粧垂木が伸びていきます。
上と下の窓からの光が天井に反射して、
室内を明るく感じさせます。

ここではお施主さんの農園をおとずれたお客さん達と
一緒に収穫した農作物を使った食事をしたり、
農家仲間達との会合が行われたりもする予定で、
家の中でもパブリックな性格の場所です。




寝室前廊下の収納。
建具は平竹の押さえの入った古建具。




唯一、以前とそれほど姿の変わっていない和室。
壁と畳、天井、開口部が新しくなりました。




天井はシナベニヤの格天井。
なかなか良い雰囲気に仕上がっています。




トイレにはアンティークステンドグラスが入りました。
上部の窓は換気の為に開閉出来ます。




寝室の開口部建具は
入れ子式の障子の入った長格子戸。
夏場は障子を外して、視線を遮りながら通風をとります。




右手の小窓障子。
すり上げ式で、開けると格子が入っています。




同じ部分の廊下側。
今回の改修では
東西、南北両方向に家の端から端まで
風が抜けるように開口を設けてあります。
この障子もそのための開口の一つで、
左の壁の足元には・・・




無双格子が入っています。
これは閉じられているところ。




開くと、
和室側の東西を貫通する開口になります。

全体的にこのような改修を行なって、
住み心地は変わったことと思います。
風通しや視線の抜けがよくなり、
ぐるぐると家中を回れる動線が生まれ、
明暗と大小、高低、といった対比が出来て
場の印象と体感に変化とリズムが生まれて来ると思います。
この家での暮らしが楽しく満ちたものになりますように。

古い家の改修なので
見えなくなるところでも随分手がかかりましたが、
亀井さん、どうもご苦労さまでした。

亀井さんいわく、
『元の家は昔造られたから、材料をぎりぎりで使って
梁の組み方や柱の位置で補ってうまく造ってある家や。
今は材料費より人件費の方があがったから、手間かけて
こんな風に組むこともないし、こんな仕事もなくなったなぁ。
わしらの後はこういう改修も出来んようになるかもしれんな・・』
色々考えさせられる言葉ですが・・・、実際、現場では亀井さんと
ベテランの大工さんで仕事をされていました。




皆で記念撮影。おつかれさまです。
外構も整った新しい全体の姿を見るのを楽しみにしています。



















































 
| 『 ねごろの家 』 | 20:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - | - |