CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< かばたの家 8 | main | 焼き杉板を張る (あやうたの家 11) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
言語造形公演  『大人が楽しむグリム童話のひととき』 を終えて

2/16のことばの家での公演に来ていただいた皆さん、
どうもありがとうございました。
おかげさまで無事に終わることが出来ました。

今回、グリム童話の言語造形に合わせて、
音楽をつくって演奏するのはとても面白い体験でした。
演奏での表現が、内側で感じていたイメージに
追い付いていない部分も多々あって、
次回への課題も沢山感じていますが・・。

音楽を作る過程では、
前回の高瀬舟とは又違ったものを
グリム童話からは感じました。
童話が多くの人の間を語り継がれて出来てきたからか、
例えば、どこか漢字から感じるような、
多くの手を経て出来てきた印象、
より共有された無意識のはたらきのようなものを感じたり・・。
そう言う部分の伝えてくるものは、文字からの黙読よりも、
言語造形からの方が
鮮やかに感じられるかもしれない、と思います。

今回選ばれていた3つの話は組み合せとして
とてもバランスが良かったような気がします。

『兎の花嫁』
どこかシュールなお話で、
黙読しただけではどこに焦点をあわせるのか
見えにくかったのですが、諏訪千晴さんの言語造形を聴いて、
理屈抜きで感じられるものがありました。腑に落ちたというか。
そこから、冬の朝霧の中、一面のキャベツ畑に射してくる
朝日の光景が見えてきて、
その印象から曲が生まれてきました。
キャベツ畑に現れた、不思議なトリックスターのような
兎の動きが3つの弦を行ったり来たり
動き回るフレーズを産んで、お話を暗示して・・。
最後にちょっと落ち込んで、
でも懲りずにまた隠れ現れして去ってゆく兎・・と
そんなシーンの構成で出来上がっています。
キャベツ には 頭 という暗喩もあるそうで、
それをかじる兎は頭の中に現れる妄想や
無意識のような部分を暗示している、という見方も有るそうです。
そういえば、あの兎の動き・・・
思い当たる節もあるような気がします。

『星の銀貨』
イノセントが物語になって現れたようなお話。
諏訪夏木さんの声で初めて聴いた時から弦ではなく、
金属の音が合うと思って、ガムランであわせました。星々の響き。
違和感なく、自然にあっていたように思いますが、
『神様のこころのままに』ガムランも演奏される楽器,
ということもあるのかもしれません。
大まかな構成やテンポ、フレーズは決めていましたが、
あとはそのときの会場から感じる呼吸に
合わせて即興的に演奏しました。

『白雪姫』
当日の感想にもいくつかあったのですが、
これは実はお妃様が主人公の物語なのかもしれません。
白雪姫への仕打ちは実は自身への裏返しの試練でもあり、
最後のシーンはその浄化のようにも思えます。
浄化されて還ってゆく処は、
最初の 天使の羽のような雪が降って くるところであり、
いのちが還ってうまれてくるところ。
そこでの響きが物語全体を貫いて流れていると感じながら
音を作り始めました。
暗い空から羽のような白い雪が
はらはらと舞い降りてくる光景と
bの音(bから始まる breath baby born bone blood ・・・)
から始めようという直感で生まれてきたのが
冒頭の曲でした。どこか子守唄のような・・・。

間奏の曲は、どちらもお話の呼吸を引き継いで、
練習の時に即興で出てきたフレーズを構成し直して作りました。
一つ目は駆け抜ける緊張感と不安。
二つ目は高い山山の間を見渡すように吹き抜けてゆく風が
白雪姫のガラスの棺の側を、
なにかの予感をはらみながらすり抜けてゆくような印象を。

最後の曲は冒頭で言わなかった部分が、
物語の中での経験を経て語られるような、
そしてまた元の場所へ、
いのちへと戻っていく様子を想いながら作っていきました。
最初のシーンの重要さに気づかせてくれたのは
諏訪先生で、同じものが通奏低音のように
先生の言語造形の中にも流れていたのではないかと思います。


そんな光景や印象がそれぞれの言語造形に添うように、
聴かれた方々にいくらかでも伝わっていればよいのですが・・。


最後に再び言語造形との共演の機会を与えて下さった諏訪先生、
諏訪家(ことばの家)の皆さん、どうもありがとうございました。


この日の様子が諏訪先生と千晴さんのブログで紹介されています。
→諏訪先生のブログ ダイジェスト

千晴さんのブログ 


『兎の花嫁』の音楽が出来上がった時のことを書いてくださっています。
千春さんの言語造形から生まれた曲なので当然なのかもしれませんが、
曲をつくりながら想像していた光景が、
曲を聴いている彼女にもありありと見えたのがとても面白いことと思います。
千春さんのブログ 『兎の花嫁』のいのち



















 
| 言語造形 | 17:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:25 | - | - |