CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 工事進行中 | main | 造作工事 (あやうたの家 10) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
佳肴 岡もと 竣工

いよいよ工事が完了です。

瓦葺きの下屋根が見えるように姿が復された表側。
古建具に手を加えた格子戸に真鍮の照明。




洗い出しの腰壁に格子がとりつき、朱く色が塗られて
お店らしい晴れやかさです。




中へ入ると緩やかなスロープのアプローチ。
格子の間仕切りで方向を変え、
天井の低い絞られたボリュームの中で
歩むうちに外から内への気持ちの切り替えがあって・・。
視線は飾り棚に誘導されていくので、
ボリュームの絞り込みは密かに体感するだけですが・・。




入ると
店主の明るい笑顔と桜のカウンターがお出迎え。
カウンターは7席(場合により1席追加)。
座り心地良さげな、
朱い革張りの椅子の背も格子で取り合わせ。

空間のボリュームが膨らみ、明るさが増して
気分が晴れやかになったところに、
丈高く下に向かう垂れ壁が
料理を頂く席に向かって
視線と意識を自然に誘導します。
動きと気持ちを料理へと自然に向けていくことが
ここでの設計の要。
そこへ導かれれば、あとはそれを受け、
店主の笑顔と料理でおもてなしの始まり。
流れに身を委ねるように、宴に導かれていきます・・。




見返り。
アプローチと客席の間仕切りは古建具の格子戸に
櫛谷さんが雰囲気のある古材板をうまく合わせてくれました。
ハンガーフックの金物は
インドのアンティークの分銅に少し手を入れたもの。
『茶壁』と合わせて、実際にお店で見てみてください。
床は栗板に白塗装が施されたもの。


櫛谷建築さん、
タイトな工期の中、どうもご苦労さまでした。
ありがとうございました。
カウンター制作・臼杵さん、ありがとうございました。




12/3 新月 大安 に いよいよ開店です。

店主・岡本さんは
『御料理 秋山』さんにいらっしゃったのですが、
ここではまた少し違ったお料理のおもてなしを
していただけることでしょう。


岡本さん、がんばってください!
楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

佳肴 岡もと (かこう おかもと) 

605-0874
京都市東山区馬町東入ル南側 
075-551-1055

お昼 12時より(要予約)
夜 17時半より22時(ラストオーダー)

定休日 月曜・毎月最終火曜

























 
| 『 佳肴 岡もと 』 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |