CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 工事進行中 | main | 全力疾走 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ねごろの家』 8

今日は建築本体の工事がひとまず終わって
引き渡しの日です。
よいお天気になりました。




北側の空き地から見たところ。
白壁の静かな外観。




庭から見たところ。
白壁と板張り壁は木々の緑ともよく合います。
外構の工事はこれから。
・・外構や庭が出来てくると
内と外、そして手前の家との繋がりが見えてきて、
ここでの二家族みんなでの
くらしのいとなみのための場が

生まれてくるでしょう。



土間はまだ完成していないのですが、
玄関ポーチからアンティークの玄関扉を開けると




船底天井に
ステンドグラスのはまった玄関。
帰ってきたとき、訪ねてきたとき、
気持ちが静かに落ち着いてゆく場所。




厨房は家のほぼ真ん中にあります。
そこには大黒柱のような6寸角の大きな柱。
家の中は
集まる場は大きく明るく開いて、
静かな場は小さく少し暗く閉じて、
と変化しながらつながっていきます。




2階への階段。
明るく高く吹き抜ける方へ上がります。




2階の部屋同士は
障子をあければ繋がって風が抜けてゆきます。
東側の窓越しに緑が見えます。
柱梁の木部が見えるとどこか気持ちも落ちつきます。

この日は娘さんのあおいちゃんが気持ち良さそうに
ごろごろと床で寝そべっていたのがうれしかったな〜。
・・子供が気持ちよさそうだったり、
楽しそうにしている家は
大人にとっても心地よい家になると思います。
子供がこの世界に向けて手を伸ばそうとしたそのときの
気持ちに応えてくれるような、
その気持ちに添うような、そんな場になっていれば、
と思います。
それは大人になっても変わらずもち続けている感覚で、
それに応えてもらえるとき、
誰でもうれしく感じるものです。


そんな家であってほしいと願いつつ、
ここでのくらしが満ちたものになりますように。

ツルミ建築さん、ご苦労様でした。
ありがとうございました。
あともう少し、仕上げと外構、よろしくお願いします。




















 
| 『 ねごろの家 』 | 18:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:31 | - | - |