CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 竹小舞をかく 2(あやうたの家 9) | main | 『 ねごろの家 』 5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桜のカウンター

今日は臼杵さんの工房に
現在進行中の和食のお店に設置する桜のカウンターを見に
施主の岡本さんと一緒にやってきました。

客席はL字型のカウンターだけの
こじんまりとしたお店になるので
お客さんに一番近いカウンターの印象は大切です。

無垢材を使うために、
計画の初期の段階からカウンターの材とサイズは決めて
木の乾燥や修正時間が取れるように、
先行して作業してもらってきました。



なかなか良い感じです。お店の実感がわきますね。
天板は平行に2枚の材を継いであります。



仕上げに想定している漆とオイルの場合の
水はじき具合の違いなど確認。
漆の方が水には強くなります。
なので醤油などのシミや汚れに対しては漆の方が有利。




縮み杢が所々に出ていて、拭き漆で仕上げてもよさそうですが、
結局はオイル拭きで明るく仕上げることに。
お店の全体の印象からはその方が合いそうです。
木の質感は活かせる仕上げです。




面の大きさを決めるのに実際に削ってもらいます。
少し大きめの丸面にして
柔らかい印象にしてもらうことにしました。


















| 『 佳肴 岡もと 』 | 17:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | - |