CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< いのち | main | 『 ねごろの家 』 4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『 ねごろの家 』 3

 




連日40度近い暑い日が続いていますが、
現場は進行中。ごくろうさまです。



木製サッシが設置されて
外壁の左官下地の木摺板が張り終わりました。
外部の木工事が大方終わってきました。



正面に見える太い柱は独立柱なので
土台より柱勝ちにして下まで落とし、
足固めのように周囲の部材がとりつくようにして、
よりしっかりするようにしています。
ほぼ家の中心にあって大黒柱のような存在です。

内部は配管配線工事が進んでいます。
仕込が終わると2階の床から張り進んでいます。
写真手前の居間やダイニングになる部分は
床板梁現しなので
梁の天端に溝を突いて配線を仕込んでいます。



2階の床板を張り進んでいるところ。



2階。3部屋に分かれますが
今は何もないので広々しています。
壁は設置するのですが、
解放感と風の通り抜けを
ある程度確保できるように障子を入れます。
将来的には再び間仕切りを取って
広い一室にすることも可能です。

棟下には東西端から端まで
両側面を削って太鼓状にした総長さ11mの丸太の地棟がかかっていて
なかなかの見ものです。
最初、2か所で継ぐ予定だったのですが、
大工の亀井さんが
『継ぎ手の手間考えたら一本で通す方がよいよ』、と
通しの材に変えることに。
又ちょうどよいサイズの材がたまたま見つかって、
よかったです。



玄関。
猿頬面取りした垂木を流した
船底天井が出来てきました。
これはこれから入っていく家の形を現してもいます。



化粧の垂木は壁を貫いてそのまま外に伸びて、
実際の庇を形づくっています。





手前の家は
母屋に増築されていた部分の解体が終わっています。
この部分に新しい倉庫が建ちます。



事務所に戻ると、
一緒に仕事をしている造園の宮川完くんが
新たな出発の報告に来てくれました。
この秋からの新天地、バイロンベイで
素敵な庭をつくってほしい。がんばって!!





































| 『 ねごろの家 』 | 16:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:32 | - | - |