CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『 URBAN RESEARCH DOORS ららぽーと横浜店 』 1 | main | 『 URBAN RESEARCH DOORS オトカリテ千里中央店 』 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『L'atelier de céramiste 』 8
 
工事がようやく終わり、今日は引渡しです。
春らしい、気持ちの良いあたたかな日になりました。



古建具と古板と土壁は既存部分と
よく馴染んでいて、
新しくつくったように見えませんね(笑)。



轆轤場。
ケヤキの蹴轆轤(けろくろ)が据えられ、
古材で出来た轆轤場は
既に何年も使われてきたような風情を醸し出しています・・。
壁の腰板はケヤキの古材を使いました。
先人たちの仕事の跡が
きっと制作を支え、鼓舞してくれるでしょう。




デスク側。
こちらもゆったりとして作業がしやすいことでしょう。
自由に想を練り、筆を執り、土をこねる・・・。
窓を開ければ庭の緑が見えます。


アトリエ全体の床を下げて、
元の縁側までを一体の空間としたことで
随分場の印象が変わりました。



陶芸の白土を塗った壁がきれいに仕上がっています。
塗りたてなので、
まだ乾いていないところもありますが・・。



色合いとマチエールがいい感じです。
左官匠宮部さん、配合ありがとうございました。




壁が塗り上がって、光が美しく見えます。

アトリエが造りなおされて、
奥の生活の場にも、光と風が流れるようになり、
全体の繋がりがあらためて生まれました。

こうして
くらしと仕事の場が整ったとき、
しみず家に新しい家族がやってきました。
おめでとうございます!




なんて素敵なタイミングでしょう。

そして、彼女がこの世にやってくる予定日だった日が
ちょうど今日で、
その日が新しい『おうちの誕生日』になりました。

紆余曲折あって、
話が始まってからここまで至るのにずいぶん時間が経ったのですが、
そんな事実に出逢うと、
このタイミングが本当に予定されていた時機だったのかな、と思います。
あらためて振り返ってみると、
ここまでの時間や様々な過程が
必要なものだったのだ、と
いうことが見えてきて、
腑に落ちていきます。


この日はまたずっと先でも思い出す、
記憶に残る日になるのかもしれません・・・・。




櫛谷建築さん、
工事、どうもありがとうございました。ご苦労さまでした。























| 『L'atelier de céramiste』 | 20:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:34 | - | - |