CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『L'atelier de céramiste 』 4 | main | 『L'atelier de céramiste 』 6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『L'atelier de céramiste 』 5

現場では荒壁塗りが終わっています。

 

竹木舞だけのときから雰囲気が変わりましたね。



冬場なので壁の乾燥の補助にストーブを炊いています。
夜間は電気ヒーターをつけて、
土壁内の水分が凍結しないように。

塗り始めは先週の木舞が編み上がった午後からなので
ちょうど1週間少し経ちました。


前の土曜日、壁を塗っているときの様子です。




土は長い間寝かせて、
発酵と熟成が進んだ様子、粘りがあってかなりよさそうな土です。





片側から荒壁をつけて、
木舞に土が食い込んでいる様子がよくわかります。








冬場なので、
乾燥時間を少しでも長くとるために
裏側からの荒壁付けも引き続き行いました。


それから、1週間。



ゆっくりと乾燥が進んでいます。
夏場ならもう少し早く乾くのですが・・・。
貫の上には割れ止めにメッシュを塗りこんでいます。




土のせいか、
場の空気が落ち着いて、静かになったようです。
壁で囲われたから、というだけではない、
不思議な安心感のようなものを感じます。無垢の土の力・・・。




乾くと土が収縮して、表面に割れが生じてきます。



その間に造作工事が進んでいきます。
只今、天井の下地を施工中。














| 『L'atelier de céramiste』 | 22:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |