CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< LOVE! 2012年12月23日のお餅つき! | main | 2013年 新年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
冬の南会津に木を買いに行く ( あやうたの家 5 )
 
臼杵さん、
色々検討して、

夏に見に行った南会津のウッドバンク・オグラさんで
構造材の購入とその刻みまで行ってもらうことにしました。

来年春頃から工事にかかりたいので、
その前にということで、
軸組関係の図面をまとめて、25,26日と冬の南会津へ。

南と言っても南国ではありません。
会津の山の奥の方ですから・・・




・・聞いてはいましたが、すごい雪!
車で行くのを止めてよかった〜。
この一週間前は積雪1mあったとか・・・。気温は−6度くらいです。




この辺りで沢山採れる赤松の梁材。
なかなかきれいな木です。一番下の材をメインの梁で使うことに。



柱には八溝山系の杉を使うことにしました。
寒い地方だからか結構、目が詰んでいます。
芯持ちですが背割りを入れずに使うそうです。
後で割れがどれくらい出るのか、じっくり乾かしていると少ないのかな・・。



夏場に購入していた栗の木をどちら向きにどう使うか、決めます。
じっくり木を眺める臼杵さん。



使うまでに寝かせている間にまた少し木が動くので、
その時の削り代を残しながら、
表を少し削って表情を確かめます。

こちらの栗には背割りが入っています。
杉より動きやすい分、入れておかないとあちこち割れてしまうのでしょうね。

今は死に節などのある面(化粧として使えない面)に
背割りを入れることが多いのですが、
元々は、木が山に生えているときの斜面の下側<背:反対側を腹という>に
背割りを入れたそうです。
斜面の下側の方に生長するときの応力が集中しているからで、
そちらを割るほうが力を逃がすには効果があります。
背割り という名前もそこからつきました。



夏に購入した栗と桜材、確認したかったのですが
この雪では・・・。
しかし、この雪山に生えている木を見ていると、
先の背割りの話、
木の腹と背の様子もよくわかります。




泊まった宿の周りの朝。
見事に白い世界。



左手の茅葺(雪で見えませんが・・)古民家が、
今回お世話になった宿の北の家さん。
囲炉裏もあって、なかなかいい感じの宿でした。



宿の玄関には薪ストーブがあって、
こうして家の人の長靴が乾かされています。
白い雪の中から入ってくると、
この赤い火にほっとします・・・。

この辺りの人は雪が積もると
まだ暗いうちから起きだして、道や家の周りの雪かきをしています。
そうしないと朝、出勤出来ないからだそうです。



この辺りには新しい家で、
こんなふうに入口の方が急勾配の短い屋根がついて、
後ろが長い屋根の造りを時々見ます。
夏に来たときにはどうしてこうなっているのかわからなかったのですが、
冬にきて理由がわかりました。
入口側に落ちる雪の量を少なくするための工夫だったのですね。
雪をどうするか、本当に大変だと思います・・・。





夏に見つけた田んぼの中の美しい茅葺小屋。
冬もまた美しかった・・・。
水墨画のようです。




こんな道が延々と続く中、
雪をよく知らない二人が車で来ていたら、きっと遭難していますね(笑)。


行きも帰りも那須塩原まで、
オグラの渡部さんに車で送っていただきました。
どうもありがとうございました。


・・・遭難はしなかったのですが、
この寒さのせいか、帰りから風邪気味になり、
京都に帰り着いた時に本格的に風邪になって発熱、
色々な予定をキャンセルして、
そのまま年末年始まで寝込みました・・・。













| 『木を植える (あやうたの家)』 | 16:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:51 | - | - |