CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 竣工 | main | 『L'atelier de céramiste 』 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『岐阜の家』14
 
いよいよ引き渡しの日を迎えました。



玄関建具も納まりました。



周囲は砂利敷きになります。
植栽も少し整理されて、アプローチがしやすくなります。



外回りはぬれ縁設置と外構工事が残りましたが、
とりあえず住める状態になりました。

手前の石は整地の際に出てきたもの。
庭石として使えるのですが、
大きな石なので動かすのが大変です。
そこで土をかぶせて、
築山のように仕立てることにしました。




納戸の建具も納まりました。
一番奥の建具は
下部に通風採光用の開口があります。



キッチンも設置完了。



前回見たケヤキの天板がカウンターに設置されています。
ちょうどいいサイズでした。



内障子が納まっていきます。



障子越しの光は静かで落ち着きます。
断熱の効果もあります。



子供室も整いました。
あとはロフトへ上がる梯子が設置されます。



薪ストーブの使い方の説明を受けます。
小さな木から順に薪をくべていって、
火を大きくしていきます。
本体が温まってくると、
輻射熱でじんわりと暖かくなります。おだやかで心地いい暖かさです。



トイレの窓には
アンティークのステンドグラスを利用した開き窓がつきました。



建具や古い黒板も設置されて
内部が一通り落ち着きました。



家に明かりが灯り、
これから始まるくらしのいとなみを予感させます・・・。
お祖父さんの残した庭にちょうどいい感じで納まりましたね。
繋がりや縁をここでも感じました。


脇義建築さん、
工事ご苦労さまでした。
色々予期せぬハプニングもありましたが、
おかげさまでかわいい家が出来上がりました。
どうもありがとうございました。


竹内さんご一家には
縁あって出会い、家のお話を伺ってから
ここまでずいぶん時間が経ったのですが、
今になってみると、何かちょうどよいタイミングに
出来上がったような気がしています。
長らくお待たせしました。
どうもありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年が明けて(これを書いているのは翌1月)、
竹内さんから届いたお手紙と年賀状には
新しい住まいでのご家族や子供たちの楽しそうな姿の
写真がありました。

とてもうれしかったです。
ありがとうございました。















| 『岐阜の家』 | 09:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:03 | - | - |