CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 10 | main | 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エントランスガーデン 続き 
 
現場では
引き続きエントランスガーデンの敷石が施工されています。



石が大きいので
人力だけではとても施工できません。
機械で吊り上げながら、所定の位置に運び、
一つ一つ据えていきます。


このような広い舗装面には
雨水を受けて排水するための勾配や水路が必要です。

ただ雨水の処理のために造るという意識ではなく・・・

天からの水が
集まって川になり、海に流れてゆくように。
石の水路を流れてきた水は
大きな広い石の上を広がって、
大木の周囲の大海にそそいでいきます。



そのとき、
大海の真ん中にそびえたつ老大木は
この庭の中にあって、
あたかも神話の中の宇宙樹のような存在
として、みたてられます。




敷石が植栽の土と出会う場所では
石は曲面を描いて
水平面から垂直に立ち上がります。



曲面の石や大きな塊の石が
高低差をつけられながら
据えられることで、
この場所の大地の力が
目に見えるものとしてあらわれてきたように感じられます。

そして
石で表現出来ることの可能性も。





・・・・・・・・・・・・・・

今日、
臼杵さんのつくった桜のテーブルが
現場に搬入されました。

長さが3.6mもある巨大なテーブルです。



貫を鼻栓で固定して組み立てています。
拭き漆を施して仕上げてあります。



写真は二台、横に並んだところです。
幅は1台あたり60cm。小口に2枚を接いだ様子が見えます。
もとは一枚板ですが、
反りを防ぐ為に一度切り分けて接ぎ直しています。
桜は結構動く木です。

2台並ぶと1.2mあります。
縦に繋げると、7.2mの長さになります。
大人数での食事に使えますね。

この場所に相応しい大きさと力強さ、
加えて桜らしい上品さのあるテーブルになりました。









| 『 O project (桜鹿荘)』 | 13:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:45 | - | - |