CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 7 | main | 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
造園・外構工事進行中
 
現場では外構工事が進んでいます。




入り口前のアプローチのための掘方中。

建築は、単体では
なかなかその全き印象をあらわし得ないものです。

その場所、そこでなされる行為、
といったものと
しっかりと関係づけられ、
ふさわしい在り方が与えられて
ようやく、それが感じられてきます。

外構や庭は
その際に、重要な役割を果たします。

ここでは
この建築のアプローチにふさわしい印象を
これから外構工事を通して、
実際にかたちづくっていきます。




実際、
こうして庭ができてくると
建築の見え方が落ち着いてきます。
納まりどころを得たような、安心感が生まれてきます。
その場所にしっかりと結びつけられていくのです。



池に水がはられました。
水面ができると、
新しい見え方や印象ができて、その周囲の世界が広がるようです。

地下水の貯水槽からの水が役立っています。



庭ができてくるにつれ、
かつてからあった樹木群と
建築と石積の壁が新たなハーモニーを生んで
一つにまとまっていく様子が感じられます。


数日後。



池の水の循環が作動し始めました。

水が動くと、

水面が波立ち、
光が様々な表情を周囲に投げかけて
生き生きとした印象を生み出します。

風の流れも生まれてきます。

音もまた耳に心地よい印象です。
水の流れる音はどこか
からだの内、奥深くへ響いてくるようです。


建築の足元、
石積までの犬走りには
山から運ばれてきた握りこぶしくらいの石が敷かれています。
山の空気を運んできたようです。




池と緑と建築が
庭の工事が進むにつれ、
一つながりのものになってきたのをひしひしと感じます。





エントランスのアプローチ部分に
自動車の通行に対応した基礎ができています。

カイヅカイブキの老大木が
その存在感をしっかりと感じさせるようになってきました。
この場所でいい雰囲気を生み出してくれそうです。












| 『 O project (桜鹿荘)』 | 13:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:09 | - | - |