CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 作業小舎 工事中 | main | 草花と息する時間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夏支度 その後

暑い日が続いていますが、皆さまお元気でしょうか?
今年は祇園祭の前に梅雨が明けてしまい、
もうすっかり夏になりました。

横浜・上大岡の福鼓樓さんから
夏支度のその後の様子が送られてきました。
正村さん、ありがとうございます。

1ヶ月前にはこんな感じだったのですが・・・



今やここまで育ちました。





ゴーヤも実をつけています。
1ヶ月ほどの間に勢いよく成長していますね。
この成長振りだとそれなりに日除けの役に立ちそうです。

そういえば店頭でもゴーヤの売り切れ店が続出しているとか。
簾や扇風機も品切れ、風を送る頃に戻る・・。



手前がゴーヤで奥がアピオス。
成長速度はゴーヤが早くて、
アピオスの成長をはばみ気味だそうです。
近々咲きそうなアピオスの花も見てみたいですね。



客席からはこんな風です。
緑陰、大分出来てきましたね。


出来上がり、緑陰の中、
あたかも木立の中で食事しているような
そんな想像があるのですが・・・・




森の中の緑陰の下、
せせらぎの音、木立の間を抜ける風、鳥の声・・・


想像力は涼しさを増すでしょう・・・・。




想像力は 限りなく無限の遠くにまでも伸びて行き、広がります。

それは離れたもの同士をむすびあわせ、

双方のいのちが通い合うみちすじをつくります。


この葉陰は遠くの森の中の葉陰と繋がっています。

千歳の齢を重ねた大樹の間を吹く 涼やかな風を運んできます。

光の届くことのない冷厳な洞窟の中、

岩の裂け目より湧き出す太古の水の面を撫でた空気

いのちの始まりの記憶を受け取りながら、奔ってくる風の中に

無意識の底に眠る同じ記憶を撫でられながら

私たちが体感している涼は いのちの始まりの記憶の 新しい蘇り。



想像力そのものが 自由に吹く風 なのです。

宇宙のどこからどこへでも 奔りぬける 風 。








| 森田建築設計事務所 現場レポート 『横浜・上大岡のお店/福鼓樓』 | 17:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:55 | - | - |