CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 絵画教室の町家 2 | main | 『豊川の家』 森田建築設計事務所 現場レポート8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
絵画教室の町家 3
 
さて、そんな工事もいよいよ完成が目前になってきました。

2階の床をモップ掛けする施主ご夫妻。
この部屋の壁の左官仕上げも自力施工!なかなかの仕上がり。



この部屋の床板はもと上敷きが敷いてあったものを外して
その粗い質感を楽しみたい、ということになりました。
そんな床板も使い込み、モップがけを繰り返していくと
次第にその表面が磨かれて柔らかな表情になっていきます。
その過程も又楽し。



2階。床板を張替え、別の場所にあった建具を移設。
面目を一新、素敵な空間になりました。
家の傾きなどが直ってすっきりと、安心感のある印象に戻り、
落ち着いて居ることができます。



こちらは1階。
床を張り替えて同じく古建具を移設しています。



シナベニヤの壁に既設の欄間、古建具を移設し、
畳とベニヤ床を取り合わせた室内。
この一見、とりとめのないような新旧の取り合わせ具合を
楽しんでいるお施主さまの姿に
アーティストらしい自由さを感じます。

こうでなければならない、
という型や枠や決まりを外したところに
ファンタジーの生まれてくる余白や余地があるのでしょう。
またそういう環境をつくって、
そこに身を置くことこそ
このような人たちには必要なのかもしれません。

今この家にはそういう余地が
沢山生まれているのを感じます。
ここからどんな新たなファンタジーが生まれてくるのか、
とても楽しみです。


外観の仕上げが終わると
この工事もいよいよ完了します。

もうひとがんばりですね。
わびすけ塗りの自力施工、
よろしくお願いしますね、東儀さん。








| 『絵画教室の町家』 | 23:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |