CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 結婚 | main | 再生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート『Iビル(一龍)新築工事』 23
 
この工事もいよいよ竣工です。
18日にお店のグランドオープンを迎えます。

宮川造園さんによる庭工事。



緑が風や水をこの場所に運んできます。
いつの日にか、石屋根越しから
緑が滴り落ちる様も見られるでしょう。

実はこのお店には各階の色々な場所から『庭』が見られます。
街中にあることを忘れてしまうかのようです・・。





現場が工事中の緊張感から
ゆっくりと解き放たれていきます。
と同時に、オープンへ向けてのお店の作業が始まっています。



エントランスホール。
ベンチの座席と背もたれにはお施主様が韓国で仕入れて来た
オンドル紙が貼られています。



古材と磚積みの壁とカウンタ―が
落ち着いたウェイティングの雰囲気を作ります。



鉄のタペストリーパネル。
鍛鉄文字の周りは漆喰塗りです。



同じ鉄が仕上げによってこれだけ違う表情を見せてくれます。
銅の溶着鉄板の技法は、
宇根田さんがドイツのマイスターから伝授されたもの。



階段室。各階へのアプローチは余白と静けさを感じて、
客席に至るまでにお客様に気持ちを整えて頂ければと
思います。


13日、工事関係者をプレオープンに呼んで頂きました。
この日を無事に迎えることができて、
ようやくほっとしました・・・。(⇒)

木村工務店の皆さんには大変お世話になりました。
業者の方々も含めて、皆さんからは
ものづくりへの明るいひたむきさを感じて
いつも励まされました。どうも有難うございました。
(・・守田さん、連日遅くまでご苦労さまでした。
ひとまずゆっくり休んで下さい・・。)

設計ではs+f構造設計事務所の浅山さん、
地盤や杭打ち‥計画段階から色々考えましたね〜。
設備設計の羽田さん、久保さん、
照明の真野さん、そして柏木さん、
皆さんご苦労様でした。有難うございました。

古材の島村さん(→島村葦商店)、古建具の井川さん、
鍛鉄の宇根田さん、染めと板絵の冨山さん、器の郡司さん、
どうも有難うございました。

シンポの久本さん、有難うございました。
ロースターの効きはなかなか良かったように思います。
営業開始後のメンテ等よろしくお願い致します。

一龍 木村様、奥様、ご家族の皆様、
どうも有難うございました。
途中、紆余曲折ありましたが
皆様のお店への想いに導かれて
ここまで辿り着くことができたように思います。
沢山のことを学ばせて頂きました。どうも有難うございました。

これからお店がますます多くの人に喜んで頂ける場所に
なりますように。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月18日  焼肉・冷麺 一龍 グランドオープン

大阪市天王寺区小橋町3−11

06−6764−6646

営業時間:17〜22:30
       (ランチタイム営業時間検討中)
鶴橋駅下車 千日前通りを西へ約400m





| 森田建築設計事務所 現場レポート 『 焼肉・冷麺 一龍(I ビル)』新築工事 | 23:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |