CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 森田建築設計事務所 現場レポート 『ラトナカフェ改装工事』5 | main | 森田建築設計事務所 現場レポート『ラトナカフェ改装工事』6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート 『豊川の家』1

今日は愛知県豊川市に家の実測に
城くんとやってきました。 



雰囲気のある通り。
古びて慎ましやかな印象の家々が素敵です。


今回、久美のブログが縁で、
うちの事務所のことを知った方が家の改装設計を依頼したいというお話。
しかもこれまた何かのご縁でしょうか、
その方、家で鈴木メソードのヴァイオリン教室をされていて、
そのレッスン室もこの家につくりたいとのこと!
・・僕がヴァイオリンを習ったのはこの鈴木メソードなのです。
そこで学んだことの意味や深さを
今になって沢山感じ取ることができます・・。感謝しています。

昨年お電話を頂いたのがきっかけで、
年末の餅つきにも息子さんと来て下さったのでした。
皆とすぐに馴染んで楽しんでいらっしゃる様子に
素敵なご家族との新たな出逢いをうれしく思いました。

何度かの打ち合わせや話を経て、
新しく購入された築15年ほどの家を改装する為の
現況調査にやって来た,という訳です。


ざっと見ただけですが・・・
この町はこじんまりと落ち着いて、
古いけど何気ないたたずまいが、
いい具合に年を経て、そのままあるような印象です。



新たな使い道を与えて
活かしてあげられたら、
とてもいい雰囲気になりそうな建物や家が
そちこちにありました。

今お住まいの家も木造の古い家でとてもいい雰囲気でした。
最初の写真はその家のある通りで、
車も入ってこないので、いい環境が保たれています。
そこに住む人の暮らしや息づかいがそのまま家やその周辺も
形づくっているような街並み。
そんな気配がこの町にはまだまだ残っている様な気がします。

私たちが海外旅行に行ったとき、
印象に残るのは名所旧跡は勿論ですが、それ以上に
市場であるとか、その土地の人たちの暮らす何気ない町並みが
その場所ならではの昔ながらのたたずまいであるとき、
何となく心に残っているものです。
その土地の空気や出来事、人の印象と一緒に。
そこで感じるのは、その場所ならではの調和、
ということかもしれません。
それは遠い異国にしかないものではない・・・こんなに傍にもあるんだ、
かつてはどこもそうだったんだよ、と。
今あるそんな場所を大切にしていきたいと思いますし、
そこが私たちの現代の暮らしを見直す
大切なきっかけであり、
よりどころになるのだと思うのです。

私たちの事務所がしている古い家を直す仕事は
そのよりどころを再編し直すことと言えるような気がします。
新しいものをつくる事も、その調和の中の一部になるようなものを・・・
と、思っています。


・・さて、今回の実測。築15年の木造2階建。



大きめの和風2階建て。
外観は洋風の混ざった、どこかまとまりに欠けた印象(失礼)・・。
内装も書院造りの和室とクロス張り大壁の洋室が配置された
特徴の無い室内,と思っていたのですが・・・。

間取りの改装の為に壁の位置を変更します。
その為に平家部分の屋根裏や2階の梁組を調べようと
屋根裏に潜ったところ・・



階下からは想像出来なかった梁組がそこにありました。
下の印象とは不釣り合いなほどに大きな丸太の梁が三重に組まれた梁組。
これだけの仕事なら見せるようにしても十分引き立ちます。
しかも、クロス張りの大壁の中身は小舞下地の土壁でした。
外の見え方とは別に、実はしっかりと造られた
本格的な木造住宅だったことがわかりました。

そのしっかりした本当の姿を見せながら、
この家を教室とご家族の暮らしに合う形に再編していくという方針が
この実測で見えてきました。

どのような形になっていくのか、楽しみです。
これから実測図をまとめて、計画に入っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。






| 『豊川の家』 | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |