CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 森田建築設計事務所 現場レポート『ラトナカフェ』改装工事2 | main | 森田建築設計事務所 現場レポート 『Iビル』新築工事10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート 『ラトナカフェ改装工事』3

前回出来た軸組の間にレンガを積んでいます。
室内の雰囲気が随分変わりました。 


床は古足場板を張っています。




腰壁にレンガが積み上がると雰囲気がありますね。
このような木の軸組の間にレンガを積む形式は
インドやネパールなど、
またヨーロッパでもハーフティンバーなどと
呼ばれて各地に存在しています。

実はこのレンガ、
以前はここの床に敷いてあったものの再利用です。

床に敷き詰められたレンガ、
見た目は確かに雰囲気あるのですが、
冬場はとっても寒いのですね〜。
土間と同じことです。
僕も以前住んでいた町家で
モルタルの土間を土足のリビングにしていたので、
冬場の寒さは骨身にしみて知っています。

ここもやはり冬場、
ストーブをたいても暖まりにくい、というのが
ネックだったようで、それでは食事をしていても何だか落ち着きません・・。

で、それに代わるもの、として古足場板の床を提案しました。
木の床、それも足場板なら杉で厚さは30mmはありますから、
断熱性もあるし、体温を奪うことはありません。
これも以前の住まいの体験をもとに、
事務所や自宅で採用した仕上げでもあります・・。
・・なかなか、そういうことは経験してみないと
見えてこないことでもあるのですが・・。

そういえば、
コンクリート打ち放しの家にお邪魔した時、
外は20度くらいあるのに内部はひんやりと冷えていました。
ここでは朝、窓ガラスに外部結露するんだ〜と
家の方が笑いながら教えてくれました・・。

うまく蓄熱するように利用出来れば、
こういった素材の熱容量の大きさがプラスに働くようにもできるのですが。


とにかく、
ここでは冬の寒さが大分改善されていることと思います。
皆さん,
新しくなったお店で試してみて下さい
(といっても次の冬は大分先になりましたね〜)。



さて一方、キッチンの上ではこのような改装が進行中。
こちらは一体どうなるのでしょうか?
次回をお楽しみに(笑)。





| 『ラトナカフェ』改装工事 | 22:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - |