CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 森田建築設計事務所 現場レポート 『Iビル』新築工事 9 | main | 森田建築設計事務所 現場レポート『ラトナカフェ』改装工事2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート『アイランド計画』9
 今日は、無事竣工なった 
後藤アイランド竣工祝いの餅つき。
おちこちから人々が集います。
僕らも京都から数名で駆けつけます。

そういえば、
今朝は真っ白の空に
白い太陽が月のような
まんまるの姿を見せていました。
黄砂のせい、
といえば何となく説明がつくようですが
どうして今日なのでしょうか・・。
僕はこれを『天からのお祝い』と思う事にしました。



納屋にあった石の臼、杵も出して準備万端。
家の前の広場にこうして沢山の人が集まるのは
きっと随分久しぶりのことに違いありません。
新たな姿になった家は
晴れ晴れとして、うれしそうです。



よいしょ、はいっ、よいしょ、はいっ
後藤夫婦が餅をつきます。
めでたいめでたい。
餅つきをして祝福を、お祝いを。
おめでとう!



大家さんが餅つきの指南役。
ここでの暮らしの様々なことが
こんな風に
後藤家の人達に手渡され繋がれていくことでしょう・・。


ねえ餅つきって楽しいね〜
子供達は餅つきに素直に共鳴しています。
大人も皆、なんだかうれし楽しい。



西家の男衆による民舞の奉納。
天晴、何とも、よくぞ演じて下さいました。
東北の舞だそうですが、
この日本の大地の中で脈打っているエネルギーに
共鳴して立ち上がってきたものには
場所は違えど何か共通のものがあるのでしょう。
こういう時には本当にぴったりです。
この場の皆が感じているものが、
形になり、音になり,舞になっている様を
見せてもらって、有り難かった。
こんな風に見えないものを見えるものにして、
その場の皆で共有出来るようにしてきたのが
もともとの芸能なのかもしれませんし、
まさに神事ともいえるかもしれません。




家の中でもくつろぐ、
一体何人いたのでしょうね(笑)。
家は余裕しゃくしゃくで受け入れていました。




キッチンには光が射し込んで
庭越しに畑が見えます。
そこを子供達が走って行きます。
みんな笑ってる。



亀井さんも駆けつけて餅をつきます。
ご苦労さま、お世話になりました。
ありがとうございました。

後藤家から僕ら二人に花束を頂きました(涙)。
どうもありがとうございます。
うれしかった。

まだ離れの方もあるし、亀井さんとも
又仕事をご一緒できるかな・・。



この日は
本当に一日中、晴れ晴れとして夢の中のような
楽しい時間でした。

絵本の中のような、
子供の頃の記憶の中にある
夢か現かどこか知らないけれど
忘れ難い楽しい場所、時間
そんなところにいったような・・。

家とこの場所は新しくなって
そんな力を発揮してくれました。
そしてこの家の人達が
その力を引き出して方向付けているのだと思います。
僕が汲み出したファンタジーは
そこから生まれてくるもので、
周りとの繋がりの中で出来上がり、生きていくものです。


後藤家のみなさん、
おめでとうございます。
物語はこれから始まりますね。
暮らし、喜びと学びが多くの人と共有出来る場・・。
楽しみにしています。


Bon Voyage!


ありがとう。











| 『アイランド計画』 | 00:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:21 | - | - |