CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< かじわら べた へいけ  | main | 6月の朝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート『O邸離れ』 改装工事 5
5月末、日曜日だが現場は作業中。
今日は塗装工事を行っている。





照明器具も設置され始めている。
布製のシェードの軽い器具が風に揺れている。





古建具も取り付けられている。既に馴染んでいる感じ。

庭の方も芝生が完了してすっかり整った。





庭での様々なシーンが想像される。
植木をするのも楽しいだろうし、
これだけ広いと皆でテーブルを出して庭での食事もできる、
芝生で寝そべることもできるし・・・。
きっと楽しい場所になるだろう。


少しさかのぼって、19日の現場。



入口の通路。奥の庭まで見通しがきくようになった。



天窓からの光が梁の輪郭を浮かび上がらせ、
壁に影を映して、空間の高さや空気が感じられるようになる。



先代からこの家の工事を請け負ってきた大工の堀岡さん。
長年この建物の変遷も見て、熟知している。
建物の雰囲気をよくつかんで、仕事を進めてくれているのが判る。
ありがとうございます。



開口部の鴨居だけがついた状態。徐々に空間が仕切られていく。
採寸する建具屋さん。同じくこの家とは長い付き合い。



外で板に柿渋を塗る塗装屋さん。
においがするので外作業の方がよい。



植栽の見切りをかねた水路を作る造園の宮川さん。
以前からこの家にあった石も生かして組んで行く。





場所の印象がどんどん変わっていく。


13日の現場。



壁の下地が作られている。

庭では既存の石を使って蹲の場所が出来ている。





庭が様相をあらわしてきた。

続けて見てみると変化の様子が見えてくる。
場所が姿を変えてくると、本当に雰囲気も感じる印象も
一変するものだ。



| 森田建築設計事務所 現場レポート 『O邸離れ』 改装工事 | 13:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - |