CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 現代 | main | 北風と太陽 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カウンター、玄関、左官仕上げ
一昨日、臼杵さんからカウンター天板が届く。



工房の端材を組み合わせて作ってくれたもの。
栗に柿渋をかけてある。端材とは思えない出来栄え。
想像を超えていてびっくりする。



木目とその組み方が面白い。見ていて雪村の水墨画を思い出した。
作者がどこか通ずるものがあるのかもしれない。

現場は造作が終盤を迎えている。
昨日の様子。



和室から移設された小窓。



古い窓がはめられた中央の部屋。



和室周りの壁を一心に塗る宮部さんのお弟子さん。
壁が塗りあがってくると、雰囲気が一気に変わる。



玄関戸を付け替える大ちゃん。
もともと古かった建具をさらに古くてすっきりした感じにする。

昨日の夜は、久美と二人で足場に上がって梁やあちこちを掃除した。
ほこりを被っていて分からなかったが、ここの部材は梁も野地板も垂木も全て
ベンガラが塗られていて赤い。この家は女性。家がそう言っている。
きれいになってきて、嬉しそうだ・・。


今朝は朝から宮部さんたちが現場入り。
下塗りを薄く塗り終えるとその上から仕上げにかかっていく。



鍛錬された職人さんの動きはきれいだ。
こてを動かす動作に無駄がない。



壁が白く変わっていくと、光がその上を回り始める。





塗っているのはドロマイトプラスターにすさなどを混ぜたもの。
上質のクリームを塗ったようだ。
一通り塗り終わると、柱などの際(散りまわり)を掃除していく。




これまでに何人かの方が見学に来てくださった。
今日もその方たちと話をして、色々な学びがあった。

この家が動き出したようだ。
確かにこの家のテーマは「気づき」なのだと思う。














| 『改装中』 | 03:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 03:09 | - | - |