CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH 京都店』 2 | main | 『本を読まない男たちへ』 おすすめの本 第1回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
浴室棟開口部、外壁


浴室棟、洗面の窓。
イギリスのアンティークの鉄格子をはめた。
現場でだいちゃんとどう取り付けるかあーだこーだと色々話していたが、
結果、このように枠に溝を突いて納めてくれた。
確かにこれが一番すっきりしているね〜、さすが、櫛谷建築。

この格子、実はイギリスでは玄関の前に敷いてある靴の泥落しで、
アンティークといっても高価なものでもなんでもない。
でも足元の泥落しでも美しい方がいいに決まっている。

窓にはまったことで
この植物模様と、ガラス越しに見える外の緑が共鳴するだろう。
はるばる海を越えて日本に来て、
こういう所に納まるとは思ってもいなかったろうな。



浴室棟は開口部の枠周りが出来上がって、外壁を張り始めた。
形が整っていく。



| 『改装中』 | 00:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |