CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 設備配管 | main | 一日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
継承する家
京都では昨年、
建築基準法が新しくなったことと、
景観条例が新しくなった影響で、
新築の着工数が記録をとり始めてから一番少なかったらしい。
京都の建築業界は結構大変なようだ。
新築が少なくなった分、古い家の改装が増えていないだろうか。
もしそうならば、
この条例は間接的にも景観を守るのに役立っているかもしれない。

法律の状況とは関係なく、
以前からうちの事務所は古い家の改装の設計は多い。
古い家には新築では造る事のできないものも沢山あるので、
それに敬意を払って、うまく継承できれば、
新築以上に豊かな場所が生まれる可能性がある。


料理教室の生徒さんで、くらしのヨガの仲間でもある
YYさんの実家の建物を直すことになった。



ずっと西陣織の工場として使われてきた建物で築80年近いだろう。
平屋で土間床の建物。糸の色を見るための天窓からきれいな光が差し込む。



工場として造られたので飾り気は無いが、
丸太の梁組みの見える空間は高すぎず、伸びやかで
何だか好ましい雰囲気がある。



ここを家族や人々の集える場所にしたいという。
ずっとご家族でものづくりをされてきた場所だから、
人が集ったときにも何かが生まれる場所になるだろう。
・・・それは目に見えないものかもしれないが。

この雰囲気を受け継ぎながら、
構造的な補強も加えて新しい場所になるよう設計した。
工事は先代からこの家や近隣の工事をされている工務店がする。
工事はきっと手間のかかるものにはなるだろうが、
今までの家の変遷の経緯を知っているというのは心強い。

どう変わっていくか、楽しみだ。





| 森田建築設計事務所 現場レポート 『O邸離れ』 改装工事 | 23:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:08 | - | - |