CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 上門前の家 古楽コンサート | main | 不安を自分でやわらげるために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ついに現場開始 (吉田の家 3)

 

 

この日、3/3は

来週から始まる解体工事に前もって

再利用する材料などを回収する作業。

 

ここに至るまでに

随分時間がかかりましたが、

ついに現場が始まりました。

 

ここまで長くかかってしまったのは、

去年の現場再調査から

計画内容を再検討、ブラッシュアップしつつ

設計を完了し、

工事見積に出したものの・・・。

 

消費税増税の影響は大きく、

名目上は2%のアップというものの、

製品や材料はそれに合わせて軒並み値上がりしており、

施工費も諸経費の値上がりもあって

実際は全体的にそれよりかなり値上がりした印象。

去年なら出来たことが同じ金額では難しくなっており、

減額のために相当の工事内容を絞り込むことに・・。

 

そのような経緯を経て

ようやく工事開始となりました。

 

 

まずは網代天井を外して回収します。

 

 

手間はかかりますが

解体して捨ててしまうにはしのびない、

手仕事の美しい細工

 

 

再利用できることになり

とてもよろこばしい気持ちです。

 

手前の室の天井全体を

このようにパーツ分けしながら

回収していきます。

 

他にも

再利用できそうな部材や建具を選びました。

 

そのあと、

以前増築して今回減築する部分の屋根の形状を

屋根の上で親方と検討。

 

 

切妻屋根の玄関に

増築された応接間(左側)を今回解体撤去します。

 

かつて、

和風の家で洋風の応接間を玄関のそばに

増築するのが流行っていた時代がありました。

明治以来、

お金持ち(かなりの、ですが)は

生活の場に和式の住まいを建て、

接客用の場として洋式の館を建てる、というのが

一つのスタイルとしてありました。

それに憧れた庶民のささやかな夢が

この洋式の応接間棟増築だったように思えます。

ただ、広さも空間のボリュームも

和のスケールのままなので、

応接セットのソファとテーブル(大きな灰皿の載った!)を置くと

もうめいいっぱい、

実際は居心地よかったようにはあまり思えないのですが・・。

 

ここの家もこの応接棟が

庭をほとんどつぶしてしまって、

せっかくの南に面した1階座敷への

日の光や眺めを遮っていました。

そこで今回はこれを一部残して減築します。

ただ屋根の取り合いがあまりうまく行っておらず、

これをこのまま残すのもどうか、ということで

もう一度再検討しようということになりました。

解体以降の工事の取り合いも含めての再検討です。

 

なににせよ、

しばらく現場がなかったので

久しぶりに立つ現場はなんだかそれだけで

わくわくとうれしい気持ちになってきました。

 

 

現場のあとは

ここで使う古建具を探しに。

出逢った古建具が

また新たなイメージや場の雰囲気を呼び起こしてくれます。

 

来週からいよいよ本格的に

工事が始まります。

 

 

(つづく)

 

 

前回 ←  → 次回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 吉田の家 』 | 23:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |