CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 現場より ( 心根 古民家改修 9 ) | main |
現場より ( 心根 古民家改修 10 )

 

明日から師走、気がつけば

もう今年も残すところ一月になりました。

 

現場の方はおかげさまで

外構工事をあと少し残して

無事に竣工しました。

12/7 には 心根さんはグランドオープンを迎えます。

年末、冬の始まりの澄んだ空気の中、

高槻・中畑の気持ちよい山ふところで

美味しいお食事を楽しんでいただけます。 ⇒ 心根さんHP

(心根さんのHPのトップページに

今しばらくは元の正面の姿の写真が出ています。

下の写真と見比べると

その変わりように驚かれるかもしれません・・)

 

現場からの報告は少しさかのぼりますが・・・

 

 

外構工事も進んできました。

アプローチの飛び石も据えられ、

砂利が敷かれてきました。

 

エントランス土間も仕上がりました

 

 

以前ご紹介した鋤は

正面の階段の手すりになりました。

 

 

円窓

少し欠けた円は

心根さんの料理で

丸く満たされることでしょう。

 

エントランスの根継した柱は

今回の工事の象徴です。

 

 

少し大きくつくった根継部は

又長い長い年月の後に

乾いて縮んで既存の柱のサイズと揃います。

 

 

黒土壁と黒タイルと黒鉄板のある

黒土間

 

おくどさんの仕上作業が進んでいます。

 

 

土塗りの上に漆喰磨き仕上の

下地塗りを施しています。

 

 

客席へ上がる階段と手すりの

色付けが施されました。

あとは来られたお客様の手で歳月を経て

仕上がっていくでしょう。

 

左手の収納引き出しと建具は

この家の造作で使われていたものを再利用したもの

 

 

想い出のシールと共に

親方の粋

 

厨房の中も整いました。

 

 

機器たちも始動を待っています。

 

 

外部にプロパンガスボンベも設置完了。

 

軒下に砂利が敷かれました。

 

 

白木の化粧軒天井、

木舞打垂木が連なる心地よい眺め

 

 

 

 

幾度となく通った峠道

この眺めともあと数度で

しばしのお別れ

 

 

数日後・・

 

 

椅子が搬入されてきました。

 

 

革張りの座の椅子と

籐編みの座の椅子は

どちらも肘掛がついて

ゆったりと座れます。

 

 

レジ周りに電話などが設置されました。

 

 

レジカウンターは欅の古材天板と同材の框組。

壁側にはおもたせが並びますので

漆喰パラリの白い壁としました。

 

この3つのペンダント照明は

店主片山さんと一緒に探した

アンティークの菊型のガラスシェード。

お店に行かれましたら、

どうぞその上の天井もご覧ください。

3灯とも吊り元もアンティークの菊型の陶製ローゼットで

揃えてあります!

 

 

外部では

駐車スペースの区画を示すコンクリートの工事が進みます。

 

 

 

 

< 前回    つづく >

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 23:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - |