CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 現場より ( 心根 古民家改修 5) | main | オガワジュンイチさんのちきゅうがっこう  「アセンションについて」 >>
現場より ( 心根 古民家改修 6 )

 

台風21号から1週間、

ようやく

高槻市街地から現場への道が開通しました。

 

ちょうどその道を通る機会があったのですが・・

 

 

なんか一瞬よくわからないのですが、

これ、全部風でなぎ倒された木々です。

植林された杉や桧。

まるでつまようじみたいに倒れていました・・

恐るべし自然の力。

一方で、一山越えると何とも無いところもあったり、

風道に当たったところが容赦なくやられたような印象です。

多分道路の上もかなり木々が散乱して

相当カオスな状況だったと思います。

復旧作業の皆様ご苦労様です。

よくここまで復旧したなと思いますが

山を見ているとまだまだ作業は沢山ありそうです・・・。

 

 

現場はおかげさまで無事でした。

お隣の山の木々が同じように倒れましたが

幸い近辺の人家にも被害は無く、

ただしばらく断水状態になったのが大変だったと思います。

 

現場も台風補修対応で皆しばらく追われていました。

それでも屋根屋さんや足場屋さんは

今もまだ忙しい状況がずっと続いているようです・・

 

 

少しずつ又元のペースに戻りつつある現場・・

 

 

化粧軒天井の化粧垂木が設置されてきました。

 

 

板張りで生まれた

明るくすっきりした雰囲気に加えて

落ち着きとリズム感、

そして端正さがもたらされたようです。

 

 

垂木と小舞の組み合わせは

清々しい軽やかさも湛えていて、とても好きな形です。

垂木は猿頬に面をとって、光を受ける面を多様にしています。

 

 

室内の造作も進んでいます・・

 

 

壁の切り替わる箇所。

 

搬入された古材を

組み合わせてどのように使うか検討していきます。

これは栗古材の框に松板の組み合わせ。

 

 

場に置いてものを見て決めていくと

そこから必然の新しい形・意匠が生まれてきたりします。

材料と場所と行為に沿って生まれてくるかたち・・

そこに立ち会うのは面白い時間です。

 

厨房・・・

奥の壁面に光の当たっている前が

店主の片山さんが立たれるところです。

 

 

厨房は様々な設備や機器が集中してくるので

色々と気を遣うところです。

天井内や土間、壁の中など見えないところに

様々な設備機器や配管が仕込まれてれています。

 

ここの厨房は

それぞれの作業によって場の雰囲気が

少しずつ変化していて、

働いている姿がきっと美しく見えると思います。

 

 

厨房前からエントランス方向を見たところ

 

元からあった架構の部分に

新しい部材が付け加えられて

違う場に生まれ変わっていく様子

 

まだまだ沢山の作業が重ねられて

新たな場が生まれていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 17:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:51 | - | - |