CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 現場より (心根 古民家改修 4) | main | 現場より ( 心根 古民家改修 6 ) >>
現場より ( 心根 古民家改修 5)

 

しばらく間が空きましたが

その間、酷暑の夏に

台風21号や北海道での地震と天災が続いて

気持ちが落ち着く間もありません。

これ以上の被害が広がらないことを祈ります。

 

今はこの台風のために現場へ続く全ての道路が

通行止め状態です。

何より現場周囲の集落の方々の生活道路でもあるので、

早い復旧を望みます。

 

 

台風までの現場では・・

 

 

構造補強が大方終了し、設備の工事が始まりました。

 

 

店内に新設されるエアコンの配管を設置。

 

 

新旧の部材が組み合わさって

躯体がしっかりとしました。

 

 

化粧軒天井のための下地が進んでいます。

 

数日後・・

 

 

今日もよく晴れて暑い一日です。

 

 

化粧軒天井の板張りが始まりました。二人一組で

板を一枚一枚合わせ、

欠き込み部などを確認して張り進んでいきます。

 

 

この日、

軽トラに荷物と道具を積んで

臼杵さんが香川からやってきてくれました。

 

 

現場のお隣の倉庫を借りて

カウンターの天板に漆塗りの作業を始めます。

 

 

心根さんが

枚方の店舗で10年間使っていた栃のカウンター。

製材してウレタン塗装を剥がし、

拭き漆で新たに仕上げます。

 

 

まずは1回塗り。

へらをつかって薄く延ばしながら塗りこんでいき、

温度と湿度のある中で漆を硬化させて、しばらく日を開けてから

再度重ね塗りして仕上げます。

 

 

 

合わせて

この舟板にも漆を施してもらいます。

文字通り、舟の一部だった板は

水に洗われ、長い時を経て、柔らかい部分が無くなり、

枯れて木目が浮き立ち、艶消しの光沢を放ちます。

最後に一つ一つ丁寧に手で磨いてこの表情が生まれます。

今回、客席の中でも大切な場所に使われます。

 

その間に現場では・・

 

 

化粧軒天井の板が張り進みました。

杉の白太の板が

日光を明るく反射させて屋内に導き入れています。

 

 

数日後・・

 

漆塗りの塗り重ねが終了しました。

 

 

このまましばらくこの倉庫内で寝かせます。

1ヶ月程度は開けないと

皮膚の弱い人はかぶれることもあるそうです。

 

現場では

玄関部分が形を現し、表情が生まれてきました。

 

 

元々、この左側に玄関があったのですが、

実測調査中に出入りしていても

なんとなく落ち着かない感じがあり、

計画をプランしている最中に方位を確認してみると、

ちょうどそこは裏キモンに当たる場所。

そこで玄関を右へずらしてプランし始めると、

たちまち新たな平面が立ち現れてきました。

 

家は基本的に

住む人のお役に立ちたいと思っているはずですが、

意に反して住まいする人に

よくない影響をも与えてしまうことに

遺憾な想いがずっとあったのかもしれません。

 

何かがするするとほどけて

一新されていくかのように新たな場が立ち現れてきたのには

家がその遺憾さから開放されるよろこびも

後押ししていたのかなと、そんな印象がありました。

 

 

数日後・・雨降る現場

 

 

化粧軒天井の仕上げが進行し、

壁面の左官下地が始まっています。

 

 

内部では

造作の壁が立ち上がり・・

 

 

そこに穿たれた窓から周囲の緑が

生き生きと入り込んできます。

そのように感じられる、場所との新たな関わり。

 

 

蔵の中にあった鋤。

木の柄に鉄がついた古い形のものです。

 

 

鉄の部分は錆付いていましたが

鍛冶屋の宇根田さんに頼んで蜜蝋を焼き付けてもらいました。

 

 

錆付いた表情が

美しく古びた風情を醸しています。

鋤の原形は焼畑農業でも使われるくらい、

原初的な農具でもあり、また

すき焼は元々畑で、

この鉄の上で料理をしたところから生まれたそうです。

 

 

(摂理にそって)農作物をつくることで土を作り、

大きく見れば地球環境を整えている農家さんを応援するためにも、

その側である、

(料理の素材になる)農作物の生まれるところに行って、

料理をしたいという心根店主 片山さんの想いを

どこか象徴するような農具です。

 

このお店でも

そのようなことを来られるお客様の

無意識にそっと語りかけるように使いたいと

考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 18:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:50 | - | - |