CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 現場より (心根 古民家改修 3) | main | 現場より ( 心根 古民家改修 5) >>
現場より (心根 古民家改修 4)

 

暑い日が続く中、

現場も進行しています。

 

現場に入る前に

ここの集落の氏神様にお参りします。

大神宮社といい、

豊受姫命をお祀りしています。

食物・穀物を司る女神で

伊勢神宮の外宮に奉祀されています。

 

 

懐深く、明るく開けた草原を抱き、

巨木の森の静謐と木漏れの薄明、

湧水の流れる音が響いてゆく

ここは神おわすと

感じる場です。

 

豊受姫命のおっしゃる言葉は

心根さんが日ごろから料理の際に心がけてこられたことと

とてもよく似ていました。

縁あってここに導かれたのだと思います。

 

現場の方は・・

 

 

新たに設ける化粧軒天井の

下地が出来上がっていました。

 

 

はねぎと垂木下地は

 

 

天秤状になっているので軒先で下がらないように

上からの材で受けて固定しています。

 

同じ下地が

大屋根下の三方に回っていきます。

 

 

既存の梁組み、

 

 

外部が再び閉じられて

大屋根の下の懐深い闇と光が活き活きと戻ってきます。

 

 

一方、

現場以外の場所でも

ここのための材料が製作されています。

 

益子の郡司庸久さんの郡司製陶所にて

 

 

厨房壁面に張る黒タイルの製作が進行中。

 

 

昔のおくどさんのレンガを思わせる

黒い磨きのタイルです。

手作りのタイルで、

手で磨いた表面は微妙なやわらかさとつやを

湛えています。

 

 

仕上がりが楽しみです。

 

 

 

 

暑い中、あちこちでこの場所のための作業が進んでいます。

皆さんご苦労様です。

 

 

 

 前回    つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 10:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - |