CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Atsuko Ito exhibition 2018 Contemporary Jewery | main |
京都・岡崎の家 6

 

連休の前、

ようやく竣工を迎えました。

 

玄関 

 

 

壁面を土壁で塗り直し、

左手に新たな収納と飾り棚を設置。

 

正面は厨房へと続く折れ戸で、

チェッカーガラスの古建具に合わせて

新規に1枚造り足しました。

 

照明はもともとこの家で使われていたもの

 

玄関右手の和室から見ると・・

 

 

新設の収納は

欅古材の天板と栗の框で組んだものに

古建具を合わせました。

 

狸の置物はずっと前庭にいたのですが、

改修前は怒っているような顔だったのが

家がきれいに直って表情が穏やかになった!と

お施主様が話されていました・・

 

和室入口の障子と

けんどんの角桟舞良戸は元々のものです。

障子を張り替えて清々と新たに。

 

和室
 

 

元は

台目2畳の前室と4畳半に分かれていましたが

1室にまとめて新たに収納を設けました。

北の縁側〜前庭に続く3枚障子は

引き込みで全開放できます。

 

右手の書院は

開口前の引き分け障子と

掘りこたつ式の机を新設

天板は欅古材と栗古材框で組みました。

 

 

正面奥は古建具3枚を立てた新設の収納。

左手は主室へ続く3枚引き込みの戸襖、

右手は3枚引き込み障子で

和室から主室へ大きく繋がるようになっています。

 

掘りこたつ座卓は

天板と脚を外し、堀こたつ内に収納して

上に畳を載せると、大きな6畳間になります。

畳際の枠が外せたり、

天板コーナー下に手が差し込めるようになっていたりと

なかなか細かく気配りされた、櫛谷さん作の座卓。

 

主室

 

 

元は

中の間2畳、6畳、縁側に分かれていたのを

1室にまとめました。

 

南庭前の開口は引き込みにしてあるので

このように全開放できます。

南庭に白い塀を新設したので

印象として、室内からそこまで一続きの場が

生まれました。

光を反射させて室内を明るくもしています。

 

和室の建具も全部引き込めるので

前庭から南庭までが

繋がった大きな空間になります。

 

屋上テラスを設けて

出来てきたハイサイドライトから

勾配天井ごしに光が室内奥へと導かれます。

 

 

主室から厨房を見たところ

 

厨房との間には古材天板のカウンターを設けました。

その上はガラス屋根からの光が室内へ導かれています。

 

床仕上は杉板に柿渋塗り。

まだこれからも次第に

自然な赤色を発色していくでしょう。

壁はほんのり

黄みがかった左官のドロマイトプラスター塗。

 

厨房

 

 

新たなシステムキッチンを設けて一新しました。

左手収納の建具は

元々縁側で使われていたボーダーガラス入りのガラス戸。

1本溝に3枚片引きで1枚分が開口になります。

 

天井は

屋根下に断熱材を設置した勾配天井に。

白塗りで明るさを増します。

 

2階

 

 

こちらも元は

3畳と6畳の2室に分かれていたのを

板張り床で一つにまとめました。

 

天井を撤去して

大きめの丸太梁を白く染めて表しとし、

左手の丸窓にはFIXガラスをはめて再生。

 

右側階段も駆けなおし、

その上に天窓を設けて明るい部屋に。

 

境には3枚太鼓貼り障子を片引き込みにして

階段室との繋がりと区切り、

天窓からの光をほのかに導くように。

 

 

正面の窓は

物干しからあらためられたテラスへ続く開口。

3枚引き込みガラス窓で全開口にできます。

1階南開口と同じようにロール網戸を設けているので

虫を気にせずに全開しておけます。

 

 

室内側には

階段室側へ引き込める3枚引き込み障子。

開閉式の枠ホダテも設けているので、

きちんと閉じられます。

部屋の印象がずいぶん変化します。

 

 

新たに設けられた収納は古建具を入れました。

手前の角繁桟戸は引き出すと

可動収納が出てくるようになっています。

 

 

この部屋の床の色は

色々検討して、

白染めの上にさらにもう一色重ねて仕上げました。

深みと落ち着きが出て

いい感じに出来上がったと思います。

 

 

工事中には色々出てきて、

変更もいくつもありましたが

その都度状況の中で、

ふさわしいものや方法を見出すことが、

現場の皆と、又お施主様とも一緒に検討することで

出来たように思います。

 

 

今回もまた、

櫛谷建築さんには惜しみのない仕事をしていただき、

どうもありがとうございました。

 

 

おばあさまから受け継がれ、

新たによみがえった家でのくらしが

よろこびに満ちたものになりますように

お祈りいたします。

 

 

 

森田建築設計事務所

森田 徹

 

 

 

前回<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 京都・岡崎の家 』 | 06:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:04 | - | - |