CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< monas concert | main | 夢見の家 8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夢見の家 7

 

前回に引き続き、現場の様子です。

 

 

サンルーム架構が出来てきています。

 

 

方杖で斜めにせり出した部分を

2階から使えるようにします。

 

 

ハーフユニットが設置され・・

 

 

そこからの配管も設置されました。

 

 

傷んだ丸太柱の根継材加工中。

 

 

無事に根継完了。合わせるのが難しいのですが・・

ごくろうさまです。

 

 

方杖も設置されました。

 

 

1階床下への断熱材を設置中。

 

 

お施主さんがラオスから調達してきた手漉き和紙。

厚さはまちまちですが、繊維の質感が面白いです。

これを壁仕上げとして貼ります。

 

一方、新たに設置する古建具の選定が完了。

 

 

サイズや形状が合うものはなかなか一度には揃いませんが、

必要な機能を満たすような建具が今回も色々見つかりました。

 

10月に入り、

予想外の長雨に予定がずれこんできました・・

 

 

天候の合間をぬうように、補強梁の設置などと合わせて

2階大屋根の改装を行っていきます。

 

屋根を一部、切り欠いて・・・

 

 

フラットな場を造ります・・

 

 

新たな場が生まれてくることで

今まで見ることのなかった景色も見えてきます・・

左手に見えるのは既存の妻壁。

小舞への裏返し塗もなくて結構手薄な感じ、でした。

 

数日後・・

 

 

外壁の下地を施工中。

構造補強も兼ねています。

 

 

土壁が残っている箇所も多々あるので、

柱・壁の外側に断熱材を設置します。

 

 

2階小屋梁を補強しています。

既存土壁では上部に梁がなかった箇所もあり、

梁桁間の構面をしっかりさせる意味でも

梁や火打ちを設置しました。

 

大屋根に開いた
 

 

天への開口

 

 

空を仰ぐ場・・そして

 

 

比叡山が見えるように・・・

 

かつて、

この家が建ったころに

2階の窓からでもよく見えたであろう景色が

再び見えるようになりました。

そもそもこの家が構造的に色々な工夫(や無理も)をして、

開口を沢山設けようとした眺め。

 

勿論、家が沢山建て込んで、

当時と全く同じ、というわけではないのですが、

この家が見ていた失われた夢が、

形を変えて再び戻ってきたような感慨とともに、

しばしこの景色を眺めたのでした。

 

 

 前回    つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 夢見の家 』 | 19:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:31 | - | - |