CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今年のお米さん仕事 収穫祭 | main | 夢見の家 6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夢見の家 5

 

しばらく現場リポートができませんでしたが、

来月の竣工を控え、現場は進行しています。

 

途中、なかなか見ごたえのある工事箇所も多数ありました。

古い家ゆえの予期せぬ傷みや歪みなども多々ある中、

新たな姿に向けて、

着実に作業を進めていただいています。

現場の皆さん、ごくろうさまです。

 

ここまでの流れをざっと追ってみます。

 

9月 床下地組み作業 

 

 

柱間脚元に足固めを入れ、

その間に床下地になる大引きを入れていきます。

 

 

足固めで柱同士が繋がると軸組みがしっかりしてきます。

 

 

新設柱も全体に組み込まれていきます。

 

 

足固めが一部上がって巾木のように化粧になる部分。

床板の入る溝が突かれています。

柱は面取りされていて、足固めはその中に納まっていきます。

 

 

元は梁が切れていた部分も

添え梁と新設柱で繋げられました。

このあと、奥の方の軸組みの補強が始まっていきます。

 

数日後・・

 

 

脚元が焼け焦げ、傷んでいた柱に添え柱が立ちました。

上方には差鴨居も入れてあります。

 

 

既存柱は傷んだ箇所に根継ぎが施されています。

 

 

2階床梁も設置されてきました。

 

 

床レベルを変えるために梁天レベルを変えています。

 

 

トイレになる部分の土壁に新しい開口を設けました。

 

 

下地の貫を切らない位置、サイズに調整しました。

 

既存で庇がおりかねで回っていたところ。

 

 

既存庇が傷んでいたのと軸組みをやり変えたので、

庇をここで止めて切妻に形状を変更。桁を伸ばします。

 

玄関入って正面。

新設の柱をたて、足固め、差鴨居を入れています。

 

 

手前の足固めは化粧になって見えてきます。

 

 

なかなか手のかかるところです。

足固めが上がった分は床が上がります。

 

 

続きます・・。

 

 

 前回   つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 夢見の家 』 | 14:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:25 | - | - |