CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 夢見の家 3 | main | 今年のお米さん仕事  稲刈 から 脱穀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夢見の家 4

 

現場では軸組みの差し換えと新設の

工事が進んでいます。

 

 

主だった差し替え柱はほぼ建ったようです。

 

 

合わせて足固めの設置も進んでいます。

軸組み同士が繋がってきました。

 

そして・・・

 

 

前回2本たっていた

南側の軸組の通し柱4本が全て建ちました!

 

 

2階から見たところ。

梁に直に張られる床板にあわせて

柱に欠き込みがされています。

 

 

上に見える横架材は差鴨居。

ここの開口内法高さは少し低めに設定しています。

差鴨居の上は壁に、下は開口に。

開口部には床から低めの腰壁もつきます。

 

 

和室内側より。

開口の高さを低くしたのは隣家の家の窓と

視線がぶつからないようにするためですが、

ここでは開口部にもう一工夫してあります。

できてくるのが楽しみなところ・・・。

 

 

柱が4本建ち、軸組みが出来たところで

ワイヤーで引っ張ると沈んでいた分が戻って、

立ちもほぼ元通りになりました。

大きなヤマを一つ越えたようです。ご苦労様です。

 

 

差し換えた柱の上の既存柱を見上げると

随分反っています。

以前、荷重が集中していた為かそんな柱が数本ありました。

納まりなどに問題になる箇所は新しいものに差し換えます。

 

 

以前、軸組みの通りが途切れていたところに

梁を設置中。

 

 

足固め。

四方差になるようなところはレベルを変えて、

上がった方はそのまま化粧として見せるようにしてあります。

 

 

大屋根の見上げ。

小屋束の転びも直せるといいですが・・。

この部分は納まり上、雨に対して弱点になっていた

左手の入母屋屋根を切妻屋根に変更し、

大屋根側にも新しい仕掛けを設けます。

ここも出来上がりの楽しみなところ。

 

台風の万が一に備えて、屋根瓦が飛ばされないように

親方自ら処置をしに来てくれていました。

軸組みは大きな差し替えが済んで安定したところなので一安心です。

 

櫛谷建築の皆さん、ご苦労様です。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 前回   つづく 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 夢見の家 』 | 12:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:39 | - | - |