CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 上門前の家からお知らせです | main | 2年経った庭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
内部造作( びわの実文庫 8 )

ものがたりのはじまりの扉を開けるのは・・これ。



古い天秤棒。
木製の柄に銀の象嵌がされています。
星のようにも見える象嵌の意匠。
あちこち色々探して、
京都のアンティークショップにて遭遇。




扉に取り付けられるように
鍛冶屋のFERRAIOさんに加工してもらいました。



鉄に焼きを入れるための炉。コークスで火を起こします。

完成した引手を持って現場に。
連休前の様子。




ちょうど足場が外れて外観の全貌が現れていました。

玄関アプローチ。



松古材板とアンティークパインの扉と引手の
色合わせをします。
アプローチ舗装仕上げと勾配を決定。




文庫は書棚が出来てきています。
窓周りなどの様々な造作と関連づいているので
作業の手間はかかりますが、
姿があらわれてくると全体での一体感が生まれてきました。




素話室にも書棚が付いてきました。



波打つ天井につつまれて・・・



こどもたちが様々なものがたりに出逢う、
ものがたりの世界。
工事をしている大工の亀井さんが
『そこの窓のベンチにこどもが座っているのが見えるようだよ』と。




仕上げの最終確認をしていきます。



サンルームの外は
八重桜に移り変わっていました。


連休が明けた現場・・・




周囲は花が咲き乱れています。
樋などが設置されて外部もほぼ終わりです。



アプローチ。
黄褐色主体の豆砂利洗い出し仕上げが出来ています。
左手は雨落ち。側溝には砕石を入れます。




色合わせの完了した扉と古材。



天秤棒の引手も付きました。



新緑で満ちたサンルームの外。
鳥の声も響いています。




サンルーム周りの造作も出来てきて
場にまとまりが出来ました。
格子の建具は網戸。




造作工事がほぼ終わって
大工は亀井さんだけになりました。ごくろうさまでした。
ボードが張れて、
クロス屋さんがパテ処理を始め、
仕上げ段階に来たことを実感します。




玄関内部。下駄箱も完了。



文庫。
書棚やデスクも出来て形が出来ました。




素話室。
丸太の柱が別世界のゲート・・。




建物が出来上がってきて
これから外構の方を検討していきます。
楽しみです。







・・・・・・・・・・・・・・

事務所ではスタッフ募集中です 

































 
| 『 びわの実文庫 』 | 19:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:02 | - | - |