CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 竣工 その1(にろうの家 18) | main | 竣工( こでいしの家 7 ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
竣工 その2(にろうの家 19)

引き続き母屋へ。



深い軒の下が玄関へのアプローチです。
横の田んぼでは稲穂が頭を垂れています。
田んぼとの境には低めの生垣を設ける予定。




さあ、いよいよ完成なった新居へ!



軒下の寄り付きを経て入る
玄関土間は
広めで接客スペースも兼ねています。
ペンダント照明はアンティーク。

玄関戸側にも網戸が入っていて通風ができます。
外には正面からも横の窓からも
田んぼが見えてよい景色です。




続きの和室との境には入れ子障子付の格子戸。
古建具ですがなかなかよい造り。




和室。田んぼに向けて
掘りコタツ式の広い書院机があります。
右手の小窓は広縁へ開きます。
左手の収納古建具はお施主様の家から移設したもの。




仏壇と床の間。
床框の木は施主の家で代々使われ続けてきた部材で
新しく建てかえる時に必ずどこかに使ってきたものだそうです。
かなり枯れていい表情。ここでは古材のケヤキ板とあわせました。
上にはこれも既存の家から移設した神棚。




和室を抜けると
一気に広く高くなるリビング。
みんなの集まる場所。
右手に広縁。
左はダイニング、キッチンへと繋がっています。




広縁。
ここで田んぼを見ながらお月見とか、
晩酌とか
すいか食べてお昼寝とか・・・
この日はお兄ちゃんと弟くんが
楽しげな踊りを披露してくれる舞台になりました(笑)

正面の小窓は和室へ。




広縁から続く内縁は
戸袋へ引き込めるガラス戸が入っていて一続きになります。

この日間に合わなかったのですが、
網付の格子戸がこの前にはいります。




リビングから
堀こたつテーブルのあるダイニングと
その奥はキッチン。
お兄ちゃん、早速くつろいでいます。
左手コーナーには薪ストーブがあります。




ダイニング横。



北屋根面についた天窓。
この日のような雨降りでもかなり明るい室内。




キッチン。
厨房機器は業務用。




キッチンへ続く収納。



キッチンへ続くライブラリー。
北側ハイサイドライトからの光が曲面漆喰壁を廻ります。




奥の和室。

色々な印象の空間のある家になりました。

昔ながらの縁側のあるような平家にしたい、と
いうところから始まったこの家の設計。
断熱や採光、空間のつくりなど
昔ながらの家にはなかった要素や形を含みながら、
また古くからのものも再編して活かしながら、
どこか昔の家の進化形のような家として出来上がった気がします。

このあと、
家の周りに木を植えたり、
生垣や版築の門柱を造ったり・・
少しずつ環境が整って、
この土地でのくらしのいとなみの場として
馴染んで根付いてゆくことでしょう。

そして、
受け継がれてきた周囲の田んぼや畑との関わりや
ここでの新しい家族のいとなみもきっと、
家と同じように、
古くからのものも活かしながら
また新しい要素も含んでいきながら
のびのびと楽しく
自由にひろがっていくような予感があります。
楽しみにしています。


あかい工房さん、
長期間の工事、どうもごくろうさまでした。
熱のこもった仕事をありがとうございました。



森田建築設計事務所
森田 徹


























 
| 『 にろうの家 』 | 20:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |