CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 12 竣工パーティ
 
やおやワンドロップさんの引っ越しがあった夜、
新しいお店で竣工パーティーを開いて頂きました。

工事を振り返りながら、
ワンドロップさんの今日までを振り返りながら、
あれこれと話しつつ過ごした時間は
皆それぞれの達成感や新しい希望を
確かめ、共有しあえるような、よいひとときでした。
ありがとうございました。

・・社長・亘さんの挨拶は万感こもっていて
胸に沁みましたね。

櫛谷建築の皆さん、ご苦労さまでした。
おかげさまでよいお店に仕上がりました。


いよいよ明日、
新生やおやワンドロップ 開店です。
皆さん、がんばってください!















| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 18:46 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 11
 
今日、いよいよ竣工日を迎えました。

その前夜、
最後の仕上げ工事。


塗装や塗装後の部材の取り付け、器具付けなどが
行なわれていきます。


古建具も再塗装されて甦りました。


古材のカウンターへの塗装中。
こうした作業はホコリがあると出来ないので
工程の最後になります。


そして今日、
工事が一通り終わったところで
施主であるワンドロップさんと一緒に
確認をして廻ります。






午前中まで、
左官の修正工事などが行なわれ、
一通りの工事が完了しました。

櫛谷建築さん、どうもありがとうございました。
ひろ君、ごくろうさまです。

修正や追加作業がこのあと行なわれます。
今の店舗での営業が続いているので
備品や設備機器の移設が後日行なわれて、
来月3日、
ワンドロップ新店舗 いよいよオープンを迎えます!







| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 00:55 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 10
 
壁と棚の左官仕上げが終了した現場は
仕上げの最終段階にきました。



いい雰囲気に仕上がっています。
つや消しのマットな表面で、
光の反射加減が上品な印象です。
変なテカリもなく、コテムラも消えている。
そこに置かれるもの、
つまり野菜の印象が前に出て感じられることでしょう。

墨モルタルをここまでのグレードに
仕上げられる左官屋さんはそうそうないと思います。
左官匠宮部さんならではの仕事です。

しかし、左官仕上げは
押えの加減などで仕上がりが全く違ってきます。
見ていて違和感を感じる場所は指摘して修正してもらいます。


壁が仕上がったので
残りの造作工事が進んでいきます。



電気の最終の仕込も進みます。




明日の土間の左官仕事に備えて、
片付けが進んでいきます。
残った材料や使い終わった道具が運び出されていきます。




テントも設置され、
ガラスも入ってファサードも完成してきました。

櫛谷建築のひろくん、
トラックの上で奮闘中。
今回、ノッテいます。いい感じです。



新生 やおや ワンドロップ。
やおやの概念も新生しそうな店構えです。

しかしながら
イメージ先行で
この意匠が出来てきたのではありません。
彼らが今野菜に対して取り組んでいる姿勢や
そこで感じているものを、
お客さんと共有できるように提示する場の在りようを探っていったとき、
このような形や仕上げが導き出されてきたのです。

野菜が実際に並ぶ時が楽しみです。


そして今日は
店内の土間仕上げ工事。



モルタルのコテ押さえ。
何度も押え直して仕上げていきます。



一見、地味な印象の仕上げですが
意外と手のかかる仕事ですね。
手のかけ具合がそのまま仕上がり具合に反映されます。

明日は入口周りの左官仕上げが施されます。























| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 17:42 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 9
 
現場ではいよいよ
内部の壁の仕上げが始まりました。


ここの壁と棚は
墨モルタルこて押さえです。

この左官の黒を真っ黒に仕上げるのは
なかなか難しいのです。
加えて壁から棚まで一続きで塗りで仕上げるので
さらに難しい仕事になります。


しかし
ここではその黒がとても重要なのです。

光が当たった時に
壁の表面でコテむらが目立たないように、
表面がつや消しのマットな黒になるように
仕上げてもらっています。

材料の配合や力のかけ具合の加減で
そのような仕上がりが
出来上がっていきます。

塗り上がってくると
古材の手はつりのマチエールが
次第によく見えるようになってきました。




古材の周りを押さえていく左官の宮部さん。


古材のマチエールがはっきり見えてきたように、
壁や棚が黒で仕上がることで、
そこに置かれる野菜の印象が
くっきりと浮かび上がってくることでしょう。

マットな仕上げで光の反射も押さえられた黒は
余計なものが一切消し去られて、
野菜を見せる為の理想的な背景になります。

ワンドロップさんが
セレクトしている野菜の品質の良さを
見る側が無意識のうちに感覚で捉えるための
仕上げなのです。

左官で仕上がっているので
印象が消されるばかりでなく
同時に、素材と仕上げ表面の状態が生み出す
黒の奥行きやふくらみや柔らかさも感じられるはずです。



奥では
古材に鍛鉄のフレームを組み合わせた什器が組み立てられています。



外部は左官仕上げが終わり、石も据えられています。
テント骨組みやシャッターケースの塗装が
明日のテント設置に向けて進んでいます。









| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 23:05 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 8
 
現場は
外壁の左官仕事が大体終わり、
テントの骨組みが再び設置されました。

白壁が明るくて、気持ちのいい印象です。



テントの骨組みは補強がされています。



バックヤードで使う古建具が届きました。
少し補修して使います。



手前にはからまつパネルの棚が設置され始めました。
スチールの棚受に納まると、
すっきりした姿の棚が出来上がっていきます。


内部の仕上げの左官工事も始まっています。
次回、ご紹介。お楽しみに!











| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 20:30 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 7
 
ここ数日の進行をまとめて紹介。

現場は左官工事が始まりました。
いよいよ仕上げ工程です。



既存外壁部は下塗りが終わっています。
外部の下地のブロック積みをしながら、



並行して内部の壁塗りも進んでいきます。



並行して、棚の下地も組まれていきます。
この棚は左官仕上げになります。


二日後。

ボードの見えていた部分に
左官のモルタル下塗りが終了しています。



左官壁は
下地が動くことや、
材料の乾燥収縮によるクラックの発生が避けられないのですが、
そこを材料の配合や下地の張り方でなるべく抑えるのが、
現場の腕の見せ所でもあります。
ここには左官の宮部さんの配慮と工夫が
あちこちに施されています。



こちらは仕上げ塗りまで終了。白壁が出来上がってきました。



下塗り部分は白壁とは違う仕上がりになります。



バックヤードもだいぶ出来上がってきました。
ここは合板がそのまま仕上げになります。
作業場でもあるので、ちょっとした釘打ちなども
これなら自由にできます。




引き続き、外部壁の仕上げに。
既存の壁の上に塗り直していきます。
明るい白壁になっていきます。


内部は下塗りが完了してきました。

天井や木部の塗装も完了して
一体感が出てきました。



棚まで一続きで塗りの下地が廻ります。
塗りが入るとまた空間の見え方が随分変わります。



棚に埋められた古材。
ここにも手斫りの跡が表情になっています。



外部の腰壁も塗り上がっています。

白壁部の内部は壁も天井も仕上がって、
棚や照明器具の取り付けを待つばかりになっています。



古材板でつくられた扉。
てふきのガラスがはめられています。
枠も古材を利用しています。


来月半ばには一通り、完成の予定です。

もうひといき、現場の皆さん、
よろしくおねがいいたします。












| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 12:23 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 6
 
現場では
スチール窓が取り付けられ、
塗装が始まっています。
塗っているのはグラファイトという耐候性のある塗料。




内部の方は左官下地を兼ねた
耐力壁の面材が張り始められてきました。




袖壁の端部には古材が取り付けられました。
ちょっと取り付けの難しい個所ですが、
うまく納めてあります。さすが!




機械のなかった時代、手斫りで製材した部材です。
出来上がって店に行ったら、
一度手で触れてみてください。



一夜明けて。
下地が張り進んでいます。
棚もわびすけでの塗装が完了しました。




棚の鉄骨下地が設置されています。



バックヤードも
工事が進んでいます。
奥にはプレハブ冷蔵庫も見えています。
ここは以前はお風呂場だったのですが、
中を撤去してぴったり納まりました。
これだけ変わるともうその頃の面影は残っていませんね。

工事は仕上げの一歩手前まで来ました。
ここまで来ると、
どんどん出来上がっていく様子が見えてきます。
形や雰囲気も感じられるようになるので、
見ていても面白いところです。
















| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 20:02 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 5
 
現場にスチールで造った窓が搬入されました。



お店の正面に見えてくる窓です。

すっきりした印象にするために、
鋼材を組み合わせて特注で造ってもらいました。
錆止めを塗ってあります。



大きくなるのでパーツ分けしてあります。



左手に見える開口にスチール窓が設置されます。

壁面の下地がだいぶ出来上がってきて、
空間のボリュームがわかるようになってきました。



ここにも窓がはまります。
外から内部がよく見えるお店になりますね。

野菜や果物が並んでいる様子は
きっと美しくて楽しい光景だと思います。



あちこち補強が入って
見た目にも実際にもしっかりしてきました。

これからは仕上げに向けて進んでいきます。


今のお店よりずいぶん広くなりますね。
楽しみです。








| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 10:17 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 4
 
現場には古材が搬入されてきました。



赤松を接いだカウンターです。
きれいな木目です。

古材は木目が新材と比べると、
煤などが浸みて少し色が濃くなっています。
古材独特の表情です。



補強を兼ねた袖壁に古材を仮置きしてみます。
この古材にも手で加工した跡が残っていて
独特の表情があります。



窓の形も出来上がってきました。
外側の姿も見えてきました。



梁の少なかった屋根の下に梁を新設。
火打ちを設置して水平面も補強しています。





| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 20:05 | - | - |
『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 3

現場では設備関係の仕込が終わり、
補強壁の基礎になる石を据えています。





既存の基礎に接続しながら
コンクリートと石の基礎を設置。
石は黒花崗岩。

壁量が十分に確保できそうなので
もとよりしっかりした建物になりそうです。



造作の下にも同じ石を使います。
おおよその配置が見えてきました。










| 『やおや ワンドロップ』 新店舗工事 | 20:56 | - | - |
| 1/2PAGES | >>