CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
御料理 秋山 改修工事完了
 
夏の間、
工事をしていた御料理 秋山さんの改修工事が終わりました。

厨房の焼き場が完成しています。



古い民家の厨房を思わせるような雰囲気になりました。
墨モルタルコテ押さえに欅拭き漆の建具がよく映えています。



おくどさんは黒い磨きの左官仕上げ。
左官の宮部さんによるオリジナルレシピの仕上げです。
チャコールグレーの手作りの黒レンガとあいまって
雰囲気いい感じです。

店舗の改装というと、
全く面目を一新するような改装も多いのですが、
このように元の形をとどめつつ一部を新しくする、
メンテナンスに近い改修をおこなうのも面白い試みだと思います。

秋山さんのお店のイメージにもよく合っているのでは
ないでしょうか。

メンテナンスといえば、
壁の和紙貼りや木部のわびすけ再塗装、オイル拭きなどの作業は
秋山さんをはじめとするお店のスタッフの皆さんの手になるものです。
こうして手を入れてもらって、この建物は又息を吹き返してきました。
皆さんご苦労様です。


9月3日より再オープン。
新しくなった秋山さんで秋の味覚を味わうのもいいのではないでしょうか。



京上賀茂 御料理 秋山

京都市北区上賀茂岡本町58
075-711-5136









| 『御料理秋山 改修』 | 19:09 | - | - |
御料理秋山 改修工事中

5年前にオープンした『 御料理 秋山 』 さん。
ミシュランにも選ばれて、
その美味しさは皆さんよくご存知のところ。

古い家を改修したお店も
連日よく使い込まれてきたので
この夏、少しお店をお休みして補修と改修をすることになりました。 

まずは古いままだった屋根を葺き直し。
一度全体の瓦をめくります。



野地板も古いままの土葺でした。
その葺き土も砂状になってバサバサになってしまっていました。
使われていた瓦も、ここが建てられた時に既に古い瓦だったものも
混ざっていたようです。



妻面の土壁もかなり傷んでいます。



7月末からの工事。
下地も傷んでいるところは取替えました。
使えそうな古瓦の再利用と新しい瓦を組み合わせて、無事修理完了。
暑い中、屋根の葺き替えご苦労様でした。





妻面も塗り替えられました。


厨房の中も一部リニューアルします。

厨房の中の顔でもある
薪で焚くおくどさんも一度外されて修理中。

熱で傷んだ壁面を塗りなおします。
さらに
おくどさんの横の壁面は熱に耐えうるように新たに
黒レンガタイルを張りました。



古い町家などで
時々見かけるおくどさんの黒いレンガは
なんともいえないツヤがあって美しいのですが、
今ではもう作っていないようです。
レンガメーカーや色々問い合わせてみましたが
新しく作るのは困難なようでした。

そこで、
友人の陶芸家郡司さんに相談してみたところ、
ふしぎ工房さんで制作してもらえることに。
一つ一つ手作りの黒レンガが出来あがりました。
手で磨いた表面は何とも良い雰囲気です。



今までステンレスの台が置かれていた焼き場は
見事に黒くて滑らかな手触りの、壁面と同じ
墨モルタルこて磨きのカウンターに生まれ変わり、
その下の収納は欅の拭き漆の建具と枠が納まりました。

再オープンを目前にして、
お店の中では秋山さんをはじめ、スタッフの皆さんが
掃除などの様々な作業に精を出して、
準備を進めています。







| 『御料理秋山 改修』 | 20:19 | - | - |
| 1/1PAGES |