CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
『本を読まない男たちへ』 お勧めの本 最終回
伸び伸びになってしまったが5回目の今回でとりあえず最終回。
実は想定していた本は何冊かあったけど、
最近、身の回りに起こることを見ていて変更。
そこで本の紹介の前に、
蛇足になりそうだけど少しばかり説明を。

このシリーズを通して伝えたかったことの一つに
読書という行為を通じて
「世界を見る目のフレームを広げることが可能」ということがある。
読書によって思いがけない新鮮な世界の捉え方や
無意識にかけていた自分の中の制限に出会うことがある。
中でもいわゆる科学的、とか社会的とかいう枠組みは案外強固で
気づかないうちにかなり自分の中に入り込んでいる。
教育や一般常識ということで生きる過程で
念入りに吹き込まれてきたから仕方ないだろう。
普通に生活して仕事をしていれば、
それらがその為の前提になる(と思いこんでいる)ので
無批判に採用していてもどこかで安心してしまうのだろう。
その傾向はどちらかといえば男性の方が強いのではないだろうか。

それによって、
現実世界は、自然を利用して経済活動や物質の流れを原動力に
人が動かしている、というあたりの見方に
多かれ少なかれ大概の人は落ち着いているように思う。

ところが実はそうではないようだ。(・・という経験をしている・・。)
世界の捉え方として案外真実に近いのは童話やお伽話の中に
出てくるようなものかもしれない、と今では思っている。
そこでは火と人が会話できたり、動物が何かを教えてくれたり
枯れ木に花が咲いたりする。
確かにそれらが単なる荒唐無稽な作り話ならば
ここまで語り継がれてこなかったろう。
そこに何らかの真実があるからこそ、人は惹かれ続けてきたのではないだろうか。

そしてそれはどこか遠くの知らない人のところで起こっていることではなく、
日々自分たちの身の回りで起きていることと言ってもよさそうだ。
ただそれを感知する感性や見方を忘れてしまっている
(又は封印してしまっている)だけのこと。
確かに先に出たような世界観ならば、
日常生活を送るのにそういう見方や感性は必要ない、というより
却って邪魔でさえあるかもしれない。
朝の光の中で道端の花が微笑みかけてくるのに一々答えているようでは
山を切り開いての宅地開発も資源利用も出てこない発想になってしまうだろう。
そこでは経済活動が唯一至上の価値には到底なりえないからだ。

僕らが生きている現代都市は
もともと山や川や野原だった場所を経済効果という一点に価値を絞り込んで
線を引き、建物を造って出来上がった人工環境だから、
それ以外のものが息づく余地がない。
例えば、高層マンションは実際のところ、
経済効率のみで立ち上がっているのだから
そこが人や生命の生きる環境に相応しいかどうかは二の次のことだろう。
逆に言えば、古い町に感じる潤いは
そうではない考えや世界観が街づくりに含まれていた証でもある。

ところで僕たちはそういう現代を覆っている考え方の中でしか
生きる可能性はないのだろうか。
草や木や風や動物たちと心を通わせながら生きられるのは
童話の中だけのことなのだろうか。
世界を見渡せば、実はそうして生きている(生きていた)人たちの例は沢山ある。

今回紹介するのは、その一つでそのことを端的に教えてくれる一冊。
(・・ようやく本の紹介。)



父は空 母は大地―インディアンからの手紙 (単行本)
寮 美千子 (翻訳), 篠崎 正喜 (画)  パロル舎

『1854年、アメリカの第14代大統領フランクリン・ピアスは
インディアンたちの土地を買収し
居留地を与えると申し出た。
1855年、インディアンの首長シアトルは
この条約に署名。

これは シアトル首長が大統領に宛てた手紙である。』(本文より)


真実の言葉と美しい世界。

でも僕らが住んでいるのはそういう力が働いている世界なのだ。
現代においてさえも。

現代文明だけが生きる為の選択肢ではない。

大いなる存在との調和のとれた世界での幸せを思うことから、
新しい形が生まれてくるのではないだろうか。
その可能性を僕らは信じていいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本を読むことは世界を読み解いていくことに繋がるのだと思います。

読んでいただきどうも有難うございました。


(紫 完くん)
| 本を読まない男たちへ  | 21:07 | - | - |
『本を読まない男たちへ』 おすすめの本 第4回


タオ―ヒア・ナウ (単行本)
老子 (著), 加島 祥造 (翻訳)

2500年前の中国で書かれた老子の書。
英米文学の翻訳者である加島さんが英訳書から現代語訳したもの。

中国の古典が英語経由で日本語に・・
その経路は現代日本にはどこかぴったりな気がする。
だから、という訳ではないが、この本の老子は
現代の我々には非常にとっつきやすい。

僕はこの本に深く感謝している。
人生の危機を乗り越える為の方向を与えてくれ、
転機をもたらしてくれたからだ。
この本に救われた、と思っている。

数年前、生きかたを根本的に変えなければならない状況に遭遇した。
当時の自分の既知の価値観や思考法では乗り越えられない苦境、だった。
精神的にも物理的にもかなり進退極まった感じで、
家族も巻き込んで暗闇の中。口論の絶えぬ日々・・・。
そのときに、その渦中の現場でこの本に出会った。
「陰極まって陽に転ず」とはまさにこのことだろうか。
直感的にここに何かがあると感じて開いた頁から、
新しい世界の扉が開けたようだった。
暗闇に光が射すように、
砂漠に雨が降るように、
この本の中の言葉が心に沁みこんできた。
理解できなくても感じるものがあった。
精神的に極まっていたから、
ここにあるタオの滋味を強烈に感じることが出来たのだろう。
それから家で毎朝声を出して読んだ。夫婦ともどもこの本でタオを知り、
それに連なる様々なことに出会っていくうちに、
その状況を乗り越えることが出来た。
今に繋がる生き方の転機がこのとき訪れた、と思っている。

物事の外側から、その部分だけ見て是非を問うような、
近視眼的なものの見方で生きていても、
日常事足りているような気がしているものだ。
物質や冨や名声といった、一般にいう世俗的幸福に導くものは
その狭い世界に意識を繋ぎとめるように働くようだ。
それで出会う世界の中だけで生きているのではないことを思い出したい。
ものごとの内側に働く見えない力の働き、宇宙を動かす理(ことわり)、
その中で生きていること、
高く俯瞰して天の彼方から動きを見ること、感じること、
微細な世界から極大の世界まで一貫して流れる動きがあること、
そこに乗って、その一部として生きていることを
この本を読むうちに、心の内奥から思い起こさせてくれる。

意識が広がれば生きている世界も広がる。
感知できる範囲が広くなるのだろう。
見方が変われば世界は反転する。
そのうちに信じられないような奇跡に出会うこともある。
生命の可能性は普通イメージしているような何らかの限界に
挑戦するようなことだけで見えてくるのではなさそうだ。
今を生きていることに感謝したい。
そもそもの出会いを与えてくれたあのときの出来事にも。


この本はそうした扉を開いてくれるだろう。
ご一読あれ。
老子は懐が深く、他の人の訳したものも面白い。
『老子(全) 自在に生きる81章』 王明(著)地湧社刊 
もお勧めの一冊です。



| 本を読まない男たちへ  | 19:45 | - | - |
『本を読まない男たちへ』 おすすめの本 第3回


五重塔 (岩波文庫)
幸田 露伴 (著)

明治の文豪、幸田露伴の傑作。

「のっそり」とあだ名される大工十兵衛が
義理も人情も捨てて谷中感応寺の五重塔建立に
一身を捧げる姿。

ものづくりの人なら共感する部分も多いかもしれない。
そうではなくても、何かに対してここまで没頭邁進出来るのは
ある意味幸せだと誰もが思うことだろう。
様々な情報が飛び交っている現代では、
そのものに飛び込む前に
どこかで情報を仕入れて分かった気になってしまい、
表面的で希薄な関わりしか出来なくなっていることが多いように思う。
行為が手段ではなく、そのものが目的になること。
金銭で価値を計るのが一般的になってしまうと、
行為が手段になっていることに気づかないまま、
こういう風なものとの関わり方を生み出す回路は閉じられていく。
・・・といって、十兵衛の時代にも彼の様なあり方が一般であった訳ではないが。
ただ、代表的なものとして、信仰や芸などを通じてそこに至る道がある、
ということを当時の人々はよく知っていただろう。

この物語を綴る文体がまた美しい。
声に出して読むとよくわかる、日本語の独特の間と流れがここにはある。
躍動感のある脈動がありながら単調ではない刻みで
言葉の流れと一体化した旋律の様なものを感じる。
この日本語があってはじめて、この物語や人物描写、
当時の社会通念や人々の心意気が活き活きと立ち現れてくる。
川を流れる水のような融通無碍さ。ここにある間合いそのものが
日本語の特質や日本人の精神性、文化などを生み出す基盤になっていた
ということに気がつく。
読んでみれば、自分の中の日本語の記憶が感応しているのが感じられるだろう。
現代を流れるリズムとはまた違うが、
心地よい脈動が自分の奥の方のものと共鳴してくる。

音楽を聴くように読んでみるという感覚。
露伴の建てた『五重塔』は凍れる音楽ではなく、
いつでも揺らいでいる。

| 本を読まない男たちへ  | 09:16 | - | - |
『本を読まない男たちへ』 おすすめの本 第2回


饗宴 (岩波文庫)
プラトン (著), 久保 勉 (翻訳)


ギリシャ哲学の古典。
ソクラテスやプラトンといった名前は知っていても
案外、読んだことはない、という人も多いと思う。
『哲学』というだけでなんとなく難解そう、
という『読まず嫌い』で避けているのは勿体無い。
プラトンの哲学書は難解な日本語は特にない。
論理の展開を順に追っていくことさえ出来れば読める。
僕自身、初めて読んだ時の印象は
案外読むのは難しくない、どころか、結構面白い、だった。
その頃の僕は仕事の関係で、若狭山中の
ほとんど隣家もない過疎の村にあった茅葺民家に
しばらく住むことになった。
夜、遊びに出かける場所もなく、テレビもなかったので、
読書くらいしか娯楽がなく、今まで読んだことのない本を読もうと思って
読んだのが二十代前半のこと。
愛について書かれたこの本は、古めかしいものではなく
現代を生きるものの悩みにも活き活きと答えてくれるようなものだった。
哲学とは、難解な思想をこねくり返すものではなく、
現代を生きる人間の悩みに答え、意識を高みに向けてくれるものなのか、
ということを知って、とても新鮮だった。

(・・・意識が高みへ向かうと
自分の中に軸がすっくと立ち、鼻の奥が通って
息が頭の先へ抜けていくようなすっと開けた感覚が訪れるように感じる。
そんな時、自然に背筋も伸びている・・。
良い本から感じる香り立つ、という印象はこの感覚に繋がるところから
来ているのかもしれない・・。これはあくまで個人的な印象なのだけど。
読書で心が動くとき、体も反応している・・。
読書は心身全体で感じる行為なのだとも言えるかもしれない。)


今読み返せば多分又新たな発見があるに違いない。
理解や受け取り方がどう変わったのか、
それは自分をある種客観視できる視点でもある。
こういう古典本はそのような定点観測ポイントにするにも絶好の書だと思う。

2500年も前から読み継がれてきた本にはそれなりの理由がある。
時代を超えて、人に理想や活力を与えるものがあるからこそのこと。
こんなに素晴らしいものをたかだか数百円で読むことが出来るのは
本当に驚異的なことだ、といつも思う。

| 本を読まない男たちへ  | 23:37 | - | - |
『本を読まない男たちへ』 おすすめの本 第1回
久美が何やら言い出したので
これから数冊本を紹介しようと思う。



西遊記〈上・下〉 (福音館) (単行本)
呉 承恩 (著), 君島 久子 (翻訳), 瀬川 康男 (挿絵)

今さら説明するまでもなく有名な1冊。
小学生の頃に出会って、その面白さに夢中になった。
色々な本で出ているが、この福音館のをお勧めしたい。
基本的に子供向けとして出されているが、
翻訳の文章が格調高く、
そして挿絵が素晴らしい。(ーどこか民画を思わせる、簡素で高いものがある絵だ。)
双方があいまって、翻訳ながら原作の魅力を無理なく伝えてくれる。
いい本には何か香り立つようなものがあるものだ。
子供心にそれを感じていた気がする。

子供の頃の僕はこの本に出会って、
読書を通して日常と違う世界に接続する面白さを味わった。
知らないうちに道教や儒教、仏教といった東洋思想の
エッセンスに触れることができていた。
(それに気がつくのはずっと大人になってからだけど)
これがきっかけで京劇や中国の文化などに興味を持った・・・
等々、実生活においても様々な新しい世界を教えてくれた。

そして大人になって
タオのことを知り、太極拳に出会い、
スピリチュアルやこころのはたらきなどに興味を持つようになってきて、
ここに書かれていたことが又別の側面から見えるようになってきた。
ストーリーの中に、様々なこころのはたらきのことが
比喩や象徴として散りばめられているのに気がつく。
(事実、そういう研究も実は盛んに行われている。)
孫悟空の頭の環が締まるというはこういうことだったのかな、とか
自分の実体験と対照できる事柄が、記憶の中から甦ってくることがある。
荒唐無稽な作り話ではなく、裏づけのあるものだったからこそ
子供の頃にも違和感なく夢中になれたのかもしれない。

そんな世界への第一歩、
最初の扉を開いてくれたのがこの本だった。
このとき蒔かれた種が今も僕の中で大きく育っているのを感じる。
この本には深く感謝している。

本を読まない男たちも
この本なら読み始めには入りやすいのでは。
子供向けとはいえ、読みごたえ見ごたえは十分にあると思います。

※ハードカバー(上・下)と文庫本(上・中・下)両方出ています。
| 本を読まない男たちへ  | 01:50 | - | - |
| 1/1PAGES |