CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』5

(撮影:及川雅文

本日、なんばパークス、グランドオープン。
森田建築設計事務所が設計したURBAN RESEARCH DOORSも無事オープンを迎えた 。
南船場店、 DOORS DINNINGと引き続き工事を担当してもらった木村工務店の皆さん、どうもお疲れさまでした。
左官工事や石積み工事とビル内のテナント工事としてはかなり困難な条件でしたが、おかげさまで無事に成しました。有難うございました。今回は古材の加工もなかなか手こずらせたようですが、テーブルやステージはそれだけの存在感に仕上がっています。全てが手作りで出来上がっているような店です。
皆さん、どうぞなんばパークスにいったら立ち寄ってみて下さい。2階T-テラス、シースルーエレベーターの奥です。

・・I君、お疲れさまでした。色々お世話になりどうも有難うございました。
新しい目標に向かって、希望を持って頑張って下さい。影ながら応援しています。又会いましょう。
| 森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』 | 02:40 | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』4


森田建築設計事務所が設計して、
なんばパークスで工事が進行中のURBAN RESEARCH DOORS 。

前回手直しを指示した部分の作業と完成に向けての作業が続いている。
少しずつ什器等も搬入されて来ている。
板張り床の塗装も終わって、大谷石や古材とよく調和していた。
現場には完成まであと少しという雰囲気が漂っている。

写真は古材の梁を組んだステージ。
大昔にこの梁を製材した時の、手はつりで削った後がいい表情を見せている。
手仕事でなければ出せない雰囲気だろう。
オブジェのような、不思議な存在感を放ちながら、横たわって浮いている。
ひねったり、曲がったりしていた古材相手に格闘した大工さんたちに感謝。
色々ありながら、最後はなんとか形にしてくれた。ご苦労様です。
| 森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』 | 22:27 | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』3


森田建築設計事務所が設計して、
なんばパークスで工事が進行中のURBAN RESEARCH DOORS。

前回見に来てから1週間が経つ。
壁の漆喰が塗り終わり、塗装や石の目地詰め等、完成に向かっての
細かい仕上げの部分に入っている。



細々した仕事はまだ色々あるが、一つ一つ仕上がっていくと
微妙な違和感が消え、全体が馴染んでいくようだ。

白漆喰の壁面と光の対話が面白い。
壁に尖った角がない事で、途切れなく続く光の色の変化が
空間に膨らみや余韻を感じさせるようだ。
什器や服が入って来るとまた印象が変わるだろうが、
その時にモノに余韻を与えるような余白になってくれるといいと思う。



ウェイティングに革張りのソファが据え付けられる。
今日、その革の部分が出来上がった。
イタリアのタンナー(革職人)が、ネイティブアメリカンのテント、
ティピのイメージで少しラフな素材感を出して仕上げた牛革を張っている。
使い込んでいくと、とてもいい味わいになって来ると言う。
・・皆さん、店を訪れたら是非とも座って、革の仕上げに一役かって下さいね。
| 森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』 | 22:15 | - | - |
森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』2


森田建築設計事務所が設計して、
なんばパークスで工事が進行中のURBAN RESEARCH DOORS。

工事もいよいよ大詰めで終盤の仕上げにさしかかっている。
壁面は左官による漆喰仕上げ。数人の職人さんがコテをふるう。
白い漆喰の表面を光が廻って行く様子は美しい。
コーナーは角を立てずに、曲面の仕上げにすると、
とても柔らかな表情と雰囲気が空間に生まれる。
白の中の光の微妙な変化のさま。
曲面と曲面が出会うところは仕事も難しい。曲面をきれいに塗るのも難しいものだ・・・。

今日は現場で木部塗装の色見本を作り、色を決定する。
石や漆喰、無垢板、古材、土のタイルなど、
ここにあるのは素材そのままの自然な色ばかり。
身体と心が落ち着く色、だと思う。ここなら植物の緑も映えるだろう。
街中になればなるほど、実は人はこういうものを無意識に求めるのかもしれない。
少なくとも自分はそのようだ。
| 森田建築設計事務所 現場レポート 『URBAN RESEARCH DOORS なんばパークス店』 | 23:08 | - | - |
| 1/1PAGES |