CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
稲刈り

 

この日曜日、

岐阜養老の山田さんの田んぼに

稲刈りに行ってきました。

 

 

広い大きな空の下、

よく実って頭を垂れた稲穂

田植えのときからよく育ちました!

この場所、ただいま〜って感じです。

このお米さん作りも

今年でもう10年目になります。

 

 

隣の田んぼ(もう稲刈りが済んでいます!)には

昨日のうちに稲穂を干す為のはざが組まれています。

山田さん、ありがとうございます。

 

 

皆さんもうベテランといっていいくらい

長く参加されている方も多いのですが、

いかんせん、年に一度のことなので、

体がコツや要点を思い出したころには

もうぼちぼち作業が終わりかなというくらい。

で、いつまでたっても時間がかかる、

そんなんではあかんぞ!と・・

 

 

今年はご近所のベテラン農家、よしお師匠に

刈り方から刈った稲穂の置き方まで

もう一度指導してもらいました。

去年のみんなの動きを見ていて、

これは無駄が多くて進まないよ!と

言って下さっていたので、

今年、作業の始まる前に指導をお願いしました。

さすがにわかりやすい!

そして、よしお師匠、毎日毎日農業をされているだけあって、

とっても70代には見えない、

筋骨隆々たる健康肉体美!

 

さて、

そんなこんなで風を受けて倒れた稲穂の向きを見ながら

刈り始めました・・・

しかし、午前中は見事に無風、

そして照りつけるお日様の暑いこと!

やりながら熱中症になるかと思うほど・・

こんなに暑かった稲刈りは

今までなかったように思います。

 

お昼は恒例、

みんなのてづくり持ち寄りご飯と

おむすび隊が山田家でむすんでくれたおむすびで

ビールなども飲みつつ、楽しくわいわい、

親戚の家にいるような、

子供も増えてなんだかまとまりはないけれど

楽しいひととき。ほうっとひと息。

そしてこれもまた恒例、

山田家のお米が賞品の当り付おむすびに

またまた盛り上がります。

 

鋭気を養って午後の作業に・・

 

 

昼からもう一度、

今度は刈った稲穂のくくりかたをよしお師匠に

講義してもらいます。

わら数本で片手でくるりと束ねる技。

 

 

残りを刈りつつ、

刈った稲穂をくくる人もいて

 

 

見事に刈り取られ、寝かせられた稲穂たち。

よしお師匠のポイントをみんな守っています。

 

 

稲穂を運んではざにかけていきます。

今年はぶんけつが少ないようで、

そこに加えて、ここまででよく乾いたのか

束ねて抱えた稲穂も少し軽い感じがします。

 

 

子供も一緒にお手伝い(やっくんよく働いてたな〜)、

助っ人のご近所の農家さんが最後まで手伝ってくれて、

ちょっとばて気味なみんなの後押しをしてくれました。

最後には山田さんのマシンも運搬用に投入されて・・・

 

 

ようやく終了〜!おつかれさま〜!

 

 

今年の稲刈りはなんだか長かったな〜

暑さのせいかな・・

 

 

とにかく、無事に稲刈り終了。

皆様おつかれさまでした〜。

ありがとうございました。

 

今年は雨が多かったり、

気温が上がりきらない夏だったりした影響で、

お米の収量や品質に大きな影響が出てくるかもしれないようです。

毎年毎年、今までと違う異常気象が続いて、

色々な予測も立て辛い状況があるようでした。

そんな中、田植えの後から

無事に稲穂を実らせるところまで、お世話していただいて

山田家の皆さん、今年もまたどうもありがとうございました。

 

 

 

今週末は脱穀の予定ですが、

台風18号の影響をまともに受けてしまいそうなので、

予定を早めて脱穀、

ということになるかもしれません。

 

 

又みんなで揃って

収穫祭で新米を頂くのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 16:59 | - | - |
上門前の家よりお知らせ : Junichi Ogawaのお話し会 【 太陽の時代と星の子どもたち 】 in KYOTO

 

 

上門前の家にて

この10月に素敵なお話会が開かれることになりました。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

・・・おかげさまで満員御礼となりました。ありがとうございました。

キャンセル待ちの受付は引き続き行っています。先着順になります。

(9/8)

 

 

◯2017.10.8 sun
Junichi Ogawaのお話し会
【 太陽の時代と星の子どもたち 】 in  KYOTO
こんにちは。
セラピストのJunichi Ogawa(オガワジュンイチ)です。
鎌倉の山の中にあるアトリエで、
スピリチュアルでホリスティックな観点から健康や食を伝えています。
今回は素敵なご縁で、京都の「森田建築設計事務所 上門前の家」にて
お話会をさせて頂くことになりました。
いま、世界は新しい時代を迎えています。
私たちが今まで過ごしていた「月の時代」から「太陽の時代」へとシフトしたからです。
「太陽の時代」は自然のリズムに寄り添いながら、
人々が調和的に暮らしを紡ぐ時間。
「星の子ども(クリスタル・チルドレン)」と呼ばれる
新しい時代を担う子どもたちもどんどん産まれていて、
世界はこれから光に包まれていきます。
これからの未来、女性性の時代、本当の自分、星の子どもたちのこと、新しい子育てのかたち…
そんなテーマでお話しをします。世界の見え方が変わって、気持ちが楽になるはず。
女性はもちろん男性にも、興味を持って頂けるなら聞いて頂きたいお話です。
(お母さんでなくとも楽しんで頂ける内容です)
ぜひお越しくださいね。
当日は、上門前の家の主でもある料理家・森田久美さんによる甘味もお楽しみください。
  • お願い
当日はお母様にも時間を忘れてゆっくりお過ごし頂きたいので、
お子様連れでのお越しはご遠慮頂いておりますこと、ご了承くださいませ。
[ Junichi Ogawa プロフィール ] 
セラピスト・ハーバリスト
自宅兼アトリエ「yama no schole(山のスコレー)」を鎌倉に構える。
自然療法やスピリチュアルなどのホリスティックな観点から、
暮らしと健康・食の提案や、日本各地で教室やストーリーテリングを行う。
デザインやアートを取り入れながら、「見えない世界」を新しい形で表現する。
日時/2017年10月8日(日)
15:00/OPEN  15:30/START 〜17:00頃まで(終了時刻は前後する場合がございます)
定員/20名
場所/ 森田建築設計事務所 上門前の家
参加費/4,500円(デザートとハーブティー付き)
予約方法/ 森田さんに受付をお願いします。
件名を「京都お話会予約希望」とし、
1、お名前(フルネーム)
2、人数
3、当日ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話など)
以上、3点をご明記の上、 coo-morita@k.vodafone.ne.jp  にご予約ください。
※ご確認事項
・当日・前日のキャンセルは如何なるご事情の場合もキャンセル料として全額を頂戴致しております。ご了承ください。
・繊細な感覚を使う教室ですので、香りのするものはお召しにならないようお願いします。(芳香柔軟剤を含む)

 

 

 

| - | 09:21 | - | - |
やおやワンドロップ 改装工事  3

 

お店の方は

今月の17日に無事、新装オープンしました!

おめでとうございます!!

 

 

こちらでは

現場が出来上がるまでもう少し・・

 

 

手前では古材板を使った棚の製作と

新しい木製棚の設置工事が、

奥ではレジ回りの造作や配線工事が進んでいます。

 

 

新しい木製棚。

グロッサリー棚として

元のレジバック棚が生まれ変わってきました。

 

 

窓際の野菜棚。

今まで黒左官仕上げの棚でしたが、

野菜を箱置きにしても大丈夫なように

古材板を天板にすることにしました。

 

 

出来上がってきた棚。

古材板に塗りなおした黒壁がよく映えます。

 

 

コーナーの野菜棚が組みあがって、

色合わせ中。

クリの枯れた古材に

古材杉板と

新材の米ヒバの組み合わせを

違和感無く繋ぐ色は・・?

 

塗装屋さんがよい提案をしてくれて

 

 

決まりました。

ありがとうございます!

 

 

いい感じで塗りあがりました。

全体が一つにまとまった感があります。

 

 

棚板には往時の墨書が残っています。

なかなかの達筆。

 

 

グロッサリー棚も木部塗装が完了。

棚の正面は落ち止めと値札付けを兼ねた

黒皮付鉄製のフラットバーです。

マグネット式の値札を使います。

 

 

奥の新規レジ場。

移設再利用したレジ台、

腰板は以前、

店とバックヤードとの間に使われていた建具の

古材板を再利用しました。

今回はレジの機器も新しい形式になります。

 

そして・・

 

 

いよいよ

奥の壁面の左官仕上げが始まりました。

 

 

塗りあがると雰囲気が一新されて

新しい世界が立ち現れるかのようです・・。

 

 

射し込む光が白壁を巡るようになりました。

上からの自然光です。

レジ棚を確認中のワンドロップのワタルさん。

 

 

レジ前の袋詰め場所。

これで買い物のお客様の動線が

動きやすくなることでしょう。

 

 

新しい冷蔵庫や機器が設置搬入されていきます。

 

 

古材で組んだ3段のフルーツ棚を

搬入設置中の木工家の有吉さん。

ちょっと複雑な(!)フルーツ棚製作、

ありがとうございました。

 

奥では

櫛谷建築の櫛谷親方と太田垣さんが細部の確認中。

今回も丁寧な仕事をありがとうございました。

工期もタイトでしたがごくろうさまでした。

 

 

・・と、お盆前に工事は終了し、

それからお店は開店準備に入って・・

 

今月の17日に

無事にリニューアルオープンしました!

 

 

たわわな果物をたっぷりと載せたフルーツ棚、

グロッサリー棚も品物と棚間寸法がぴったりな感じ!

 

 

入口正面では

新設棚の空きスペースに

季節野菜の特設ディスプレイが出来・・

 

 

コーナー棚には

野菜がたっぷり並んで

これまでより野菜も活き活きと見えるようです。

 

これからも皆さんに

活き活きとしたおいしい野菜と食材を

どうぞますますたくさん届けてください。

新しくなったワンドロップさんのこれからを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

       森田建築設計事務所   森田 徹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| やおやワンドロップ改装工事 | 12:15 | - | - |
やおやワンドロップ 改装工事  2

 

今回の改装では

売場を奥に広げ、レジをそこに移設します。

 

 

元は↑こんな感じ。大型冷蔵庫置場でした。

 

バックヤードなら問題ないですが、

売場の続きにするなら

抜けが無くて光も入らないような

行き止まり的な雰囲気ではないほうが

気持ちよくお客さんに入ってきてもらえると考えて・・

 

上階に外部に面した窓があったのを思い出し、

そこに向けて吹き抜けを設けることに。

 

 

2階床を抜いたところ。

これで自然光を導きいれることと

空気の流れを生み出すことが出来るようになります。

2階に上がれば窓は開閉できます。

 

 

吹き抜けの内部は

真っ白に仕上げ、

光を反射、増幅させながら天井内に導きいれるようにします。

 

 

店の一番奥に

サンルームのように光に満ちた場がある!・・

という風になると

楽しいなと思ったのです。

自然光と照明光がそれほど違和感なく混ざるように、

天井は光を透過する面と

遮光する仕上げ面とを交互にしました。

 

これ↓は元のお店の様子。

 

 

レジがなくなると売場も広がって

今までのようにレジに並ぶお客さんと

買い物しているお客さんが交錯することもなくなりますね。

 

 

今回のもう一つの大きな改装は

店に入ってすぐ正面にある野菜棚の造り換えです。

 

 

こちら↑が元の棚の様子。

棚だけを壁から持ち出して

すっきり整然としていたのですが、

あまりにすっきりし過ぎて

野菜らしい生な感じが出にくい雰囲気を改めること。

又、季節によって野菜の量も種類も大きく変わるので、

それに応じて催事的に特設の棚が設けられるように

常設棚の範囲も少し減らそうということになりました。

 

棚の架構に

スチールを使うとすっきり造りやすいのですが、

お店からの希望を聞いていて、

今回はスチールを使わずに

木だけを組んで造ろうと考えました。

 

そうして出来てきたのが・・・

 

 

古材と新材を組み合わせて組む棚。

壁面には枯れた栗の古材を取り付け、

そこから棚を受ける部材を持ち出していきます。

 

 

持ち送り板で出桁を受け、

そこに垂木を流して・・屋根みたいですね。

棚面は斜めになっている上、

コーナーを廻るのでなかなか難しい仕事になります。

 

 

棚面の板は

幅広の古材杉板張り。元は床板です。

 

 

経年で馴染んだ古材板の雰囲気と

木組みだけで出来た、

親しみとたっぷりとした安心感のようなものが

感じられる棚が生まれてきました。

棚架構に鉄を含むと

すっきりする分、

そこにはどこか緊張感のようなものも

含まれているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| やおやワンドロップ改装工事 | 12:38 | - | - |
やおやワンドロップ 改装工事  1

 

5年前に

新店舗を造ってオープン()した

やおやワンドロップさん。

5年の間に

野菜以外に扱う品物の幅も増え、

お店も変化しました。

 

そこで、

色々な形を検討した上で、

今までバックヤードだったところも売場として、

拡張することも含めた改装工事を

この夏にすることに。

 

 

解体が始まりました。

棚も構成が変わります。

 

 

レジカウンターが撤去されました。

使われていた材は再利用します。

 

 

店の奥でバックヤードだったところ。

大型冷蔵庫が移設されました。

 

さて、数日後・・・

 

 

現場に材が運び込まれて

作業が進んでいます。

 

 

入口を入ってすぐの棚はガラリと様相を変えています。

既存の棚が撤去され、

古材と新材を組み合わせた棚の製作中。

 

 

コーナーを廻る棚。

木だけで組んで造っています。

棚面が斜めな上にコーナーを廻るので

なかなか難しい仕事です。

 

 

元のバックヤードの方には

勾配天井が架けられて、造作が進んでいます。

 

どんな風に変わりますか・・お楽しみに!

工事は前回と同じ櫛谷建築さん。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

新しくなったお店の開店は8/17の予定です。

皆さん、どうぞお楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| やおやワンドロップ改装工事 | 15:27 | - | - |
錦の家 6

 

今年もついに暑い夏がやってきましたが・・

現場の方は少し前を振り返ってみます。

 

東側の方・・

 

 

階段室の天井を開口しました。

元々、光が入らなくて昼間でも暗い階段でした。

 

 

その上の天井裏を白い箱にして、

取り込んだ外光と照明光が廻るようにし、

間接光として室内へ落とすようにしました。

 

 

2階主室の工事が進んでいます。

 

 

角度の変わる天井が外光の表情を変化させます。

仕上の為の下地が出来上がっています。

内部には元はなかった断熱材も設置しました。

 

 

吹きぬけになった上部には高側窓を設置して

新たな光と通風を確保します。

 

主室の左官仕上げサンプルが

いくつか出来上がってきました。

 

 

漆喰パラリと土壁の間のような壁を

作ってもらっています。

なかなかいい雰囲気になりそうです。

 

1階の方も工事が進んでいます。

 

 

新たな収納。内部は桐板張りです。

 

 

一方、西側の方は・・

 

奥の方の土壁と2階床梁の様子。

 

 

通し柱は壁の中に隠れていて、

半丸太のような細めの柱で、足元が傷んでいそうです。

土壁が浮いてぐらぐらしているのですが、

外壁が仕上がって隣家が迫っているため、

外から補修することが出来ません。

軸組みが緩んでばらばらになっているような状態でした。

床梁も虫食いなどで傷んでおり、又サイズも小さめです。

 

そこで内側に添え柱と添え梁を組んで

新たな架構を補強として造ることにしました。

 

 

主要な通りに添え柱を立て、

胴差と床梁を新設します。

 

 

柱足元は柱勝ちにし、

足固め的に土台を柱間に設置して

柱同士の足元を繋いでいきます。

 

 

袖壁を設けて、耐力壁とします。

胴差と足固めの間は新しい壁が立ち上がります。

 

 

耐力壁が出来てきました。

床は土間の上に転ばし根太で

板張り床として仕上げます。

 

 

元ミセと台所の境だったところ。

柱足元の框は撤去された床梁を再利用しています。

これより手前は土間仕上とします。

この部分はしっかりした柱が立っていたので、

壁とともにそのまま見せて再生します。

 

 

2階のほうも屋根下地が

歪みも直して出来上がってきました。

 

 

新たに生まれた吹き抜け。

 

 

現場には天井仕上げ材が組まれて

搬入されています。

床梁の間にはめこまれていきます。

 

 

・・・・・

 

さて、今現場の方はここまで進んでいます・・。

 

西側です・・

 

 

吹きぬけに面したカウンターと書棚。

養生されて塗装工事が進んでいます。

 

 

元ミセの玄関ホール。

既存柱と修復された漆喰壁。

古材で収納付の飾り棚が組まれています。

 

 

この部分は

既存の雰囲気と既存部材を活かすように

再生されています。

天井に見えているのも既存の2階床板です。

 

 

竣工までもう少しになりました。

現場の皆さん、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 錦の家 』 | 17:59 | - | - |
民藝と建築 と活元運動

 

民藝に潜む、現代における可能性を

掘り起こされている哲学者の鞍田崇さんが、インスタグラムに

河井寛次朗が建築について述べた文章のことを書かれていました。

 

とても興味深いなあと思ったので、

ちょっと長いですがここに引用させてもらいます・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どんな農家でも――どんなにみずぼらしくっても――

これは真当の住居だという気がする。

安心するに足る家だという気がする。喜んで生命を託するに足る気がする。

永遠な住居だという気がする。これこそ日本の姿だという気がする。

小さいなら小さいままで、大きいなら大きいままで、

どれもこれも土地の上に建ったというよりは、

土地の中から生え上ったと言いたい。

どんな家も遊んでいるような家は一軒もない。 〔・・・〕

この村は個々の集りが全体という感じよりは、

全体があって個々だという方の思いが先に立つような村なのだ。

この村を見る人は誰でも個々のものより全体を先に見付け出すに違いない。〔・・・〕

人々は始め自分達の好き勝手を持ってここに這入って来たのに相違ない。

そして殖えるにしてもそんなにして殖えたに相違なく、

その自分勝手な振舞の組合せが現在この村の姿なのに相違ない。

その好きずっぽうの綜合がどうしてこんなになったのか。

自分はこの驚くべき設計者の顔に当面せざるを得ない。

しかし村の人達は村の美について勿論気付いている訳ではない。

それどころか、何処の村でも大抵の場合、そういう事には無関心である。」
ーー 河井寛次郎「部落の総体」1944 より

昨日のトークでもお話ししたのですが、

「民藝と建築」という主題を掲げて問われるべきこと、

そうしてその答えの方向はここに言い尽くされている気がします。

総合的な視点、そんなふうにもいえますが、

たぶん、そんなふうに表した途端、肝心なことは

スルリとすり抜けてしまうような、何か。

しいていうならーー「化物のような喜び」(前掲書)。

化物のような喜びの化物ぶりが昇華したのが河井寛次郎の作品と生きざま。

民藝と建築を通して僕らがもういっかいとらえ直したいのはまさにそこだと、

やはり喜々として祖父を語る鷺さんを目の前にして思い入った昨日でした。

そうして、それがたまらなく楽しくもあった昨日でした。

(後略)

 

・・・・・・・・・・・

鞍田さんが抜粋、編集された、寛次郎先生の文章を読んでいて、

この村の成り立ちと個々のありようについて、

その生い立ってくるさまがなんだか近いなあと思い出したのは

野口整体の『活元運動』でした。

 

建築とはあんまり関係ないようですが・・。

活元運動というのは、

個々のからだの内側から湧き起ってくる無意識の動きを

自由に出させてやることで、それぞれの歪みやストレスを解放、

調整して本来の自分のありように至る、という運動です。

特別なことではなく、日常、無意識にしているあくびやのびなども

おなじ作用から生まれる、活元運動ということができます。

集団で行うと相乗効果で全体のそのときそのときに相応しい調整が

行われているような感じがあります。

個々の動き自体は自由奔放で決まりも何もない

(といって身体構造上不自然な動きや超人的な動きが出るわけではありません)のですが、

不思議なことに『意識的でない』動きに身を任せていればいるほど、

周りの人と当たったり、怪我したりということは起こりません。

 

私の体験から言いますと、

内面で起こってくる動きを感知して

その動きの動きたいように動いていくと、次々に別の動きが

現れてきて、次第に体の自発的な動きが優勢になって

自分でも止められない様な動きになっていくことがあります。

(音楽の即興でのセッションに似ているところもあります)

周囲を見回してするわけではなく、

基本、ぼんやりとしか見ていないのですが

周りの様子や気配は感じられて、それがきっかけで

現れる動きが変わっていくようなこともあります。

 

この運動が

村が出来上がっていく過程によく似ているなあと思うのです。

同じような作用が働いているのではないかなと感じます。

村の人は好き勝手に、自分のよいと感じる場所に

家を造っていったのでしょうが、

まず、選んだ場所のもたらす方向付け(制約、条件)

受け入れて造っていくことになります。

造成や工法、素材についても、

今のように自由に何でも選べるわけではないので、

ある制約の中で状況に応じた選択をして出来上がっていきます。

活元運動のような短時間の中で起こることではありませんが、

村人は結局、自身の希望以上に、その場所の声に耳を傾けながら、

そこに沿ったものを造っていくことになります。

その場から感じるものの延長として、配置や間取りが生まれてくる・・

その場のもつ潜在的なベクトルが姿かたちとして現れてくる・・

その過程が長い時間をかけた活元運動のように感じられるのです。

 

自由さがなくて制約ばかりの中から生まれてくるのでは、

まるで逆のことではないか、と

感じられるかもしれませんが、活元運動の自由さは、

『意識によるコントロール』という制約から

自由になることからもたらされるものです。

村人の建設行為は、

現代と違って、どんな風にでも造成できたり造ったりできる技術や工法が

なかったからこそ、『意識によるコントロール』を免れて、

そのもたらす制約から自由になれていたのではないかと思うのです。

『意識によるコントロール』というのは、

結構私たちの本来的な自由さを束縛していることが多いのではないかなと思います。

 

活元運動と村人の建設のいとなみの根底にあるものが

おなじものに触れているのだとしたら、

それは大きく言ってしまうと いのちそのもの、のような気がします。

それが「化け物のような喜び」として感じられるものなのかな・・・

この辺りは何とも言えませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

鞍田崇さんのインスタグラム(

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

| - | 16:28 | - | - |
錦の家 5

 

7月に入って

現場ほど近くの四条界隈では

祇園祭が始まっています。

 

 

今日は現場のあと、

四条沿いの喫茶店で打ち合わせしていたら

月鉾の曳き初めに偶然出逢いました。

 

街中に鉾が立ち並び、

お囃子が聴こえてくると

いつもと違う世界へ繋がる扉が沢山開け放たれて、

そこからいつもと違う風が

街中を吹いてくるような感じがします

あたかも神々が集うてこられたかのような・・・

 

 

さてこの現場ももう大詰め、

今月末にはお引き渡しというところまできましたが、

ブログでは寒い時期まで遡ります・・・

 

東側の方は

水周りの辺りの再構成。

 

 

基礎を打ち直し、

軸組みに揃えて壁をたて直して

耐力壁になるようにしています。

 

奥に通風のための新しい開口を設けました。

 

 

2階は床梁や火打ち梁を増やして

水平面が固まるようにしていきます。

 

 

間仕切りも再編していきます。

2階が主なプライベートエリアになるので

水周りが新たに出来ます。

 

 

2階のメインルームになる部分が次第に見えてきました。

これまでのこの家の歴史の中で生まれてきた、

切り替えられた屋根や、

屋根下の大きな懐が活かされた空間が

かたちになって行きます。

そこでの行為や気分に沿う場所になっていくことでしょう。

 

こちらは西側・・

 

傷んだ屋根を撤去しました。

シート製全面トップライト。なかなかいい感じ。

 

 

 

しかしここで壁が倒れたのを直していくと、

屋根の幅が狭くなっていることがわかりました。

多分東側の建て替え時に、

そちら側に倒れていったのをくい止めるために

あわてて切って縮めたのではないかと・・・

壁間の寸法どおりにカットすると

母屋と梁長さが足りなくなるので、補強や部材の交換で

補うことに。

 

 

こうした軸組みの補強や差し換え工事の最中に

フランスの大工さんJeremyが現場見学に来ました。

四国で伝統工法の工務店を数日間見学してきて、

京都にやってきたそうです。興味津々。

 

一方でここで使う古建具を決めていきます。

 

 

お施主様が

あちこちのお屋敷などの解体現場から譲り受けてきた

古建具を沢山ストックしておられたので

それを1枚1枚撮影、採寸し、

合いそうな場所へ当てはめていきます。

合うものが無ければ又他を探します。

 

 

・・・・・・

そのように進んできた現場の

今日の状況は・・

 

先の2階メインルームは清掃まで済んでいました。

 

 

明るく清々しい部屋になりました。

杉の木の香が室内に満ちています。

 

 

キッチン側。

造りつけカウンターの下部収納の建具は

施主コレクションの古建具。

きれいに幅詰めもしてもらって蘇りました。

天板はカリン。

 

 

対面はオーディオやテレビなどが納まる壁付けのラック。

ヒノキ製。天板は洋桜、モアビ。

 

 

一方、西側は・・

 

 

庭のテラスまで大谷石が張り終わり、

新しい塀が立ち上がっていました。

 

 

大工工事はほぼ終わり、

仕上の塗装と左官工事、

そして玄関扉の製作を残すのみとなりました。

 

手のかかる箇所の多い現場でしたが

ようやくここまで仕上がってきました。

櫛谷建築の皆さん、ごくろうさまです。

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 錦の家 』 | 19:32 | - | - |
高槻の古民家 − 実測調査

 

亀岡にほど近い、

高槻の山間の古民家を

素敵な場所にしようと考えていらっしゃる方がいて、

そこの改修設計を依頼されました。

 

 

案内されてたどり着いたそこは

日当たりよく、風通しよい、気持ちのよい場所。

 

 

ここちよい軒の低さの茅葺の母屋。

民家としてありのまま、

長い年月をここで生きてきた健やかさが

今でもありありと感じられます。

 

 

敷地内には茅葺の母屋と

2階建ての離れ、土蔵の3棟があります。

 

 

離れには梁で持ち出して

1間半の深さのある軒がかかっています。

ここちよい半屋外空間。

 

 

土蔵は大分傷んではいますが

かなり細工の凝った左官仕上げが

施されていた様子がうかがえます。

 

 

さて、

日を改めて実測調査に入りました。

 

 

母屋外壁周り。

風情のある土壁は、

建築的には土の剥がれ落ちた壁なので

補修が必要です・・。

 

 

内部の様子。

長い年月空いていたようで、

傷んだ床などは撤去されてしまっています。

土のままの土間とおくどさん、その上で多層に架かる丸太の梁組み。

柱の足元などは湿気で傷んでいますが、

まだ手を入れて直す余地はありそうです。作業は沢山ありそうですが・・。

 

 

土間の一角にある牛小屋のスペース。

周りの土間より低くしてあり、

外から直接出入りできるように専用の引き戸がついています。

土壁は露出にせずに板を張ってありました。

 

 

おくどさんの上の煙り出し。

内部では梁を利用した垂れ壁で

おくどさんの前が区切られて、

煙を居室側に行きにくくし、

こちらに流れるようにしてありました。

 

 

後年付け加えられたらしき、流し部分の増築。

窓下の腰壁は石積みをモルタルで固めたもの。

多分、セルフビルドだったのではないでしょうか・・。

モルタル流しのつく腰壁には、

水にも強いしぴったりだったのでしょう。

近くで拾ってきたような石かもしれませんね。

 

 

 

蔵の中。

曲がりのある材が通し柱として使われていて面白いです。

床下は湿気で傷んでいました。

 

 

 

この3棟が今あるよさを残しつつ、

新たな場所に生まれ変わる為に

何をなすべきか、なさないべきか、

見出すために

この場に身を置き、

建物たちと関って感じた数日間と

それを図面にする作業を経て、

ふさわしいかたちが次第に見えてくることでしょう。

 

おぼろげに感じられるその姿からは

既に光が放たれていて

その光が導いていってくれます・・。

 

 

ここは日本食で皆さんをおもてなしする場所になります。

楽しみです。

そういえば、このすぐそばには

豊受姫命をお祀りする神社がありました。

食物・穀物を司る女神で

伊勢神宮の外宮に奉祀されている豊受大神です。

この神様に導かれて、

お施主様はここに辿り着かれたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 高槻の古民家 』 | 16:40 | - | - |
棟上 ( 秦町の家 2 )

 

6月の上旬、

天気にも恵まれて加工の終わった木材が現場に運ばれ

建て方が始まりました。

 

木村工務店現場監督の篠田さんの写真から・・

 

 

足場が組まれ・・

 

 

土台が敷設されていきます。

主要な通し柱と管柱は5寸角で基礎上まで落とし込みます。

 

 

柱が立ち上がってきました。

 

 

2階床梁を組んでいきます。

 

 

軒桁や妻梁が架かって、いよいよ小屋組みへ・・

 

 

ちょうなはつりの施された丸太梁が上がってきました。

 

 

沖さんが桁の上に立ち、みんなが下から支えながら

丸太梁を吊り上げていきます。

 

 

対面側も同じように・・桁に梁が納まります!

 

 

十字に交差する梁が準備されて・・

 

 

見事に十字に架け渡されました!

 

 

無事に棟まで上がりました。皆様ごくろうさまでした!

 

 

それから、数日後・・

 

 

シートで囲われた中、

工事が着々と進んでいます。

 

 

 

十字梁の上の沖大工さん。ごくろうさまです。

ハツリが日の光を受けて輝いています。

 

 

屋根下地の垂木と登り梁を架けていきます。

 

それから数日後、

上棟式が行われ、お清めをして

今後の工事の安全とよき家になることを祈りました。

 

家に何かこころが入ったような気がします・・と

お施主様は何かを感じられたようです。

 

 

垂木の間に断熱材が仕込まれていきます。

 

 

玄関ポーチのアクセントになる

古材の柱も搬入されてきました。

現場で少し磨いて色合わせをしてもらっています。

古材は滋賀の島村さんから。

路はるばるごくろうさまです。

 

このあと中間検査も無事に合格して

工事は進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 秦町の家 | 17:58 | - | - |
| 1/100PAGES | >>