CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
現場より

 

 

先日、18日の予期せぬ地震に

高槻山中の現場も揺れました。

幸い、ここに来るまでに

構造補強や傷んだ部材の交換などが

ある程度進んでいたこともあって

何事も無く、ひとまず安堵しました。

 

写真は根継した柱と

新しく入れなおした足固め。

 

以前は、地形的に高くなった家の裏の方から水が流れ込んでいて、

ほとんどの柱の足元が傷んでいました。

もしそのままの状況でこの地震を迎えていたら

もたなかったかもしれません。

 

 

地震当時、現場にいた大工さんたちは

縦揺れが主だったような印象で

家がひしゃげるような横揺れはあまり無かったと言っていました。

軸組みが大きく変形して土壁が破損したような痕跡

見当たりませんでした。

 

このあたりの地盤もよかったようです。

 

 

今回の地震

地震波の周期が0.5秒以下とかなり短い極短周期で、

家屋が共振して倒壊につながりやすい1〜2秒周期の

地震波ではなかったようです。

(とはいえ、高槻茨木では家屋の被害も出ているようですが)

ただしこの周期の揺れは、ブロック塀や家具を倒す、

水道やガスなどの配管を壊すといった被害が起きやすいようです。

 

 

 

まだガスの復旧が済んでいない地域や家屋の損壊に合われた方、

避難されている方もいらっしゃるようですが、

大きな余震も起こることなく

早く穏やかな日常が戻ることを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 11:04 | - | - |
北中幸司 銅版画展 @Gallery SU

 

 

 

 

北中幸司 銅版画展

 

 

草花から木、風景へと、描く題材の広がりとともに、

以前より大きな版を制作するようになった北中幸司さん。

木々の呼吸する空気に包み込まれながら、じっと耳を澄ませて

観ていたくなるような作品です。ぜひご高覧ください。

 

 

2018年6月16日 - 7月1日

 

12:00 - 19:00

 

休廊日 19日 26日

 

作家在廊日 16日 17日

 

Gallery SU 

東京都港区麻布台3-3-23

和朗フラット4号6号室

phone:03-6277-6741

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

久しぶりの北中さんの個展。

前回からはじまりつつあった風景などの大きな作品が

どのように展開していったのか、

とても気になるところです・・

 

東京近辺の方や、

この時期東京へ行かれる方は、

ぜひごらんになってみてください。

おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 13:55 | - | - |
スタッフ募集のお知らせ

森田建築設計事務所のスタッフを募集します。

基本的に建築や設計の実務経験者で、
CAD(JWを基本とする)を使えること
普通免許を持っていること
建築の学校を卒業していることです。
男女不問とします。

主にCADによる設計図面の作図など、
設計補助を行うことから、です。
その他、上門前の家などで行うイベントや行事のサポートも行います。

HPのコンセプトの文章をよく読んで、
共感できる人。

こころを十分にはたらかせながら、
私たちと同じ方向を向いて心を合わせて働きたい、
という方を募集しています。


興味のある方はまずメールでご連絡ください。

履歴書と志望の動機を文章にしたものを送っていただいた上で、
面接を行います。

 

 

           森田建築設計事務所          森田 徹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 15:51 | - | - |
京都・岡崎の家 6

 

連休の前、

ようやく竣工を迎えました。

 

玄関 

 

 

壁面を土壁で塗り直し、

左手に新たな収納と飾り棚を設置。

 

正面は厨房へと続く折れ戸で、

チェッカーガラスの古建具に合わせて

新規に1枚造り足しました。

 

照明はもともとこの家で使われていたもの

 

玄関右手の和室から見ると・・

 

 

新設の収納は

欅古材の天板と栗の框で組んだものに

古建具を合わせました。

 

狸の置物はずっと前庭にいたのですが、

改修前は怒っているような顔だったのが

家がきれいに直って表情が穏やかになった!と

お施主様が話されていました・・

 

和室入口の障子と

けんどんの角桟舞良戸は元々のものです。

障子を張り替えて清々と新たに。

 

和室
 

 

元は

台目2畳の前室と4畳半に分かれていましたが

1室にまとめて新たに収納を設けました。

北の縁側〜前庭に続く3枚障子は

引き込みで全開放できます。

 

右手の書院は

開口前の引き分け障子と

掘りこたつ式の机を新設

天板は欅古材と栗古材框で組みました。

 

 

正面奥は古建具3枚を立てた新設の収納。

左手は主室へ続く3枚引き込みの戸襖、

右手は3枚引き込み障子で

和室から主室へ大きく繋がるようになっています。

 

掘りこたつ座卓は

天板と脚を外し、堀こたつ内に収納して

上に畳を載せると、大きな6畳間になります。

畳際の枠が外せたり、

天板コーナー下に手が差し込めるようになっていたりと

なかなか細かく気配りされた、櫛谷さん作の座卓。

 

主室

 

 

元は

中の間2畳、6畳、縁側に分かれていたのを

1室にまとめました。

 

南庭前の開口は引き込みにしてあるので

このように全開放できます。

南庭に白い塀を新設したので

印象として、室内からそこまで一続きの場が

生まれました。

光を反射させて室内を明るくもしています。

 

和室の建具も全部引き込めるので

前庭から南庭までが

繋がった大きな空間になります。

 

屋上テラスを設けて

出来てきたハイサイドライトから

勾配天井ごしに光が室内奥へと導かれます。

 

 

主室から厨房を見たところ

 

厨房との間には古材天板のカウンターを設けました。

その上はガラス屋根からの光が室内へ導かれています。

 

床仕上は杉板に柿渋塗り。

まだこれからも次第に

自然な赤色を発色していくでしょう。

壁はほんのり

黄みがかった左官のドロマイトプラスター塗。

 

厨房

 

 

新たなシステムキッチンを設けて一新しました。

左手収納の建具は

元々縁側で使われていたボーダーガラス入りのガラス戸。

1本溝に3枚片引きで1枚分が開口になります。

 

天井は

屋根下に断熱材を設置した勾配天井に。

白塗りで明るさを増します。

 

2階

 

 

こちらも元は

3畳と6畳の2室に分かれていたのを

板張り床で一つにまとめました。

 

天井を撤去して

大きめの丸太梁を白く染めて表しとし、

左手の丸窓にはFIXガラスをはめて再生。

 

右側階段も駆けなおし、

その上に天窓を設けて明るい部屋に。

 

境には3枚太鼓貼り障子を片引き込みにして

階段室との繋がりと区切り、

天窓からの光をほのかに導くように。

 

 

正面の窓は

物干しからあらためられたテラスへ続く開口。

3枚引き込みガラス窓で全開口にできます。

1階南開口と同じようにロール網戸を設けているので

虫を気にせずに全開しておけます。

 

 

室内側には

階段室側へ引き込める3枚引き込み障子。

開閉式の枠ホダテも設けているので、

きちんと閉じられます。

部屋の印象がずいぶん変化します。

 

 

新たに設けられた収納は古建具を入れました。

手前の角繁桟戸は引き出すと

可動収納が出てくるようになっています。

 

 

この部屋の床の色は

色々検討して、

白染めの上にさらにもう一色重ねて仕上げました。

深みと落ち着きが出て

いい感じに出来上がったと思います。

 

 

工事中には色々出てきて、

変更もいくつもありましたが

その都度状況の中で、

ふさわしいものや方法を見出すことが、

現場の皆と、又お施主様とも一緒に検討することで

出来たように思います。

 

 

今回もまた、

櫛谷建築さんには惜しみのない仕事をしていただき、

どうもありがとうございました。

 

 

おばあさまから受け継がれ、

新たによみがえった家でのくらしが

よろこびに満ちたものになりますように

お祈りいたします。

 

 

 

森田建築設計事務所

森田 徹

 

 

 

前回<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 京都・岡崎の家 』 | 06:04 | - | - |
Atsuko Ito exhibition 2018 Contemporary Jewery

 

Atsuko Ito exhibition 2018

 Contemporary Jewery

 

 

 

April 28th - 30th 2018

From 12:30 to 18:00

森田建築設計事務所(上門前の家)

京都市北区紫野上門前町5

 

 

鈍い光の中に見え隠れする

 

純度の高い光を見逃さなかった

 

絶対的なものから生まれる

 

普遍性の現れ

 

それが敦子さんのジュエリーの魅力

 

そして身につけると

 

新たな

 

わたしに出会うジュエリー

 

 

 

 

 

会場の上門前の家の奥の庭には

 

今、バラが光をたたえて、

 

沢山咲いています、蜜蜂の羽音の中を。

 

 

 

 

 

会場は

 

住宅地ですので、自転車の置き場がございません。

 

公共の乗り物でお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| くらしのかたち展 | 20:47 | - | - |
はじまり (心根 古民家改修 1 )

 

早朝から降っていた雨も上がり

さわやかに澄んだ空気の中

日の光がさしたところで・・・

 

この家と土地に

改修工事を始めますというご挨拶のお祓いを

この集落の氏神様の神社から

神主さんに来ていただいて

とりおこないました。

 

式の間には光が祭壇にさし、

風がよく吹いて、この始まりを

よろこばれているようでした。

 

 

式の後、

集落の家々をご挨拶に廻ります。

日当たりよい斜面に

程よい間隔で建つ家々から

出てこられた皆さんの表情や物腰からも

この土地のよさが

そこはかとなく伝わってきました。

 

明るく 静かで 穏やかで 豊かなところ

 

 

ここを日本料理のお店 心根 にされる片山さんは

この土地のことを

街のように忙しく慌しく過ぎ去っていくのとは、

違う時間が流れていく

24時間の長い場所』と言われます。

そこで

ゆっくりと周囲の草花、山野草や山菜、食材と

じっくりとていねいに向き合い、楽しみながら

おもてなしの料理としつらいを

皆様に楽しんでいただきたいと。

 

工事を目前にして

今の古いままのたたずまいの最後の時間、

ここが活き活きとして

人が集い、楽しむ場になった様を

片山さんの熱い想いに

耳を傾けながら

ありありと想い描く

楽しく満ちたひとときをすごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 心根 − 高槻の古民家 』 | 10:28 | - | - |
京都・岡崎の家 5

 

すっかり春らしく

暖かくなってきました。

京都の桜も御所あたりはもう散り始めています。

 

工事も竣工に向かって進行しています。

 

 

ブロック塀に塗装下地塗りが完了し、

仕上塗りを待つばかりになりました。

 

葺きかえられた瓦屋根と

張替えられた外壁に

家がしっかり立ち直った印象があらわれています。

 

 

玄関内には

古建具を利用した収納が2箇所、

出来上がってきています。

 

 

和室には古建具が納まり、

天井の塗装、

壁の左官仕上も完了しました。

 

 

トイレも

既存の建具が戻り、造り直した窓も入って

仕上がってきました。

 

 

南側庭では

可動棚板のわびすけ塗り仕上中。

 

塀も出来上がって

仕上げ塗を待っています。

庭にこの塀が立ち上がって、

室内が広くなったような印象が生まれました。

 

 

2階は床の仕上塗りを待ちます。

薄く白く塗装されます。

 

 

洗面脱衣室の床仕上中。

 

 

木製建具にわびすけ塗装中。

手前には掘りこたつができつつあります。

 

竣工までもう少し、

現場の皆さんよろしくお願いいたします。

 

 

 

前回< >次回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 京都・岡崎の家 』 | 19:31 | - | - |
京都・岡崎の家 4

 

外部も

屋根、外壁ともに整いました。

 

 

今回、2階から出られる位置には

屋上テラスを設けました。

 

 

元は小さな物干し場があったのですが、

2階から外に続く

日当たり良い、気持ちよさげな場が

出来てきました。

 

 

 

階段上天窓からの光

 

2階では

前回検討した丸太梁の色付けが出来ています・・

 

 

もう一度色の重ね具合を確かめます。

 

 

丸太梁の白化粧

 

 

かなりボリュームのある梁だったのですが

白く塗られて

少しかろやかな印象もまといました。

 

 

テラスへ続く窓際には

丸窓の前に古材を組んだデスクが出来ています。

 

1階の外部では

 

 

新たな塀の工事が始まっています。

足元は大谷石積みです。

できあがると室内とのつながりが

もっと感じられるようになるでしょう・・

 

 

数日後・・

 

 

内部壁面の左官仕上げが始まりました。

古建具も立て合わせがすんだものから

所定の位置に納まってきています。

 

 

2階 

壁面も仕上がり

建具も納まって

完成形が見えてきました。

 

 

 

丸窓周りの仕上げ塗りが完了

 

修復された瓦屋根と蘇った丸窓に

家が息を吹き返し

また新たな命を得つつあることを

実感します・・

 

 

 

 

(前回< >つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 京都・岡崎の家 』 | 05:09 | - | - |
京都・岡崎の家 3

 

この一ヶ月の間に

現場も随分進んできました。

 

 

階段側の壁面は

既存の土壁の上に

壁下地を新たに起こしています。

 

こちらは同じ並びの収納・・

 

 

同様に設置した

壁下地の間に吸音材を仕込んでいます。

 

壁一枚で隣家と繋がっている長屋造りでは

落語に出てくるほど薄い壁ではないですが、

土壁一枚で隣家からの声や物音が遮蔽しきれません。

それを緩和するための処置です。

合わせて

古い家にはつきものの

壁と柱の隙間や、塗り残しで出来ていた穴なども

今回は土を塗りなおしてふさいだので、

音に関しては大分改善されると思います。

 

 

厨房内

元々トオリニワで吹抜けの土間だったのですが

後で床を造り、天井をつけていました。

今回、天井は撤去して

屋根の直下に勾配天井を新設するので、

以前の造作の跡を埋め木していきます。

 

 

階段吹き抜け見上げ

新設の天窓が効いています。

 

 

2階の造作も大分進んできました。

天井が張り終わっています。

 

その外では・・

 

 

瓦屋根の葺き替えが進行中。

 

 

土葺きで多分新築以来、

葺き変えていなかったであろう

以前の瓦はもう寿命が来ていました。

これで雨漏りには安心です。

 

 

変形の屋根なので

平葺き部分の横桟の無いところには

板金の谷が出来ます。

 

 

2階壁の際には

元々の1,2階の壁のずれを利用して

採光用ガラス瓦の天窓を設けます。

巾はあまり取れませんが、

少しでも光が入ると

1階の室内の印象は変わるでしょう。

もう少し複雑だった原案の減額変更中に

お施主様のご主人が提案してくれたのですが

なかなかよいアイデアでした。

 

 

1階 玄関から奥を

 

 

玄関の壁は

繊維壁を剥がして土壁に塗りなおします。

 

玄関の脇、

小間と四畳半だった和室

 

 

二間を一間にまとめ、

開口高さを上げ、

右手の縁側と左手の主室側ともに3枚引き込み建具で

大きな開口になるようにしました。

1階はほぼひとつながりの空間になります。

 

 

階段も再設置。

 

1階のハイサイドライト周り・・

 

 

下地が張り終わりました。

光の入り方がよくわかります。

仕上がるともっと反射が増します。

 

 

主室南を見たところ

こちらの外部開口も3枚引き込みなので

庭へとしっかり開いて気持ちいいでしょう。

 

隣家波板塀の内側には白壁の塀を新たに設けます。

そちらからの光も増して

随分明るい印象になるはずです。

 

 

トイレ丸太柱の埋め木

何気なく手がかかっています。

こういうところが随所にあります。

ごくろうさまです。

 

さてそれから数日・・・

 

 

2階丸窓周りの左官が進んでいます。

 

 

丸窓越しの瓦屋根

 

 

2階外壁の焼き杉板張りが進行中。

 

 

中の土壁がこれで保護されます。

壁際の吹き抜け上ガラス瓦も納まりました。

 

 

瓦もほぼ葺き終わりました。

変形を吸収する板金の谷。

元天窓があったところはガラス瓦に変更しました。

 

さらに数日・・

 

 

床暖房の上に仕上げの杉床板を施工中。

熱での変形を考慮して

圧密加工した板になっています。

 

 

階段吹き抜け見上げ

ボード下地が完了しました。

 

 

丸窓周り

 

 

仕上げ塗りを待つばかりになりました。

 

 

2階は塗装工事が始まっています。

 

 

印象を一新しつつも

既存丸太梁のちょうなはつり跡を活かす

塗装方法を検討中・・大体方針が決まりました。

 

 

仕上がりが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

(前回< >つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

(→ スタッフ募集中です  )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 『 京都・岡崎の家 』 | 11:58 | - | - |
ラ・コリーナ

 

弥生三月も早や1週間経ちました。

春の気配が日に日に色濃く

草木も芽がすくすくと伸び

朝の鳥たちの声も冬よりどこか楽しげな感じがします。

 

景色が大きく変わってしまわないうちに

先月行った近江八幡のラコリーナを。

 

藤森照信さん設計の楽しいお菓子屋さん!

 

 

駐車場を出ると、

おかめざさの海の向こうに

周囲の山に呼応するかのようなかたちの”草屋根”

 

物語の中に出てくるような・・

物語の中に入っていくような・・

不思議な、楽しい気分が湧いてきて

んだか笑えてきます。

歩いていく人皆なんか笑ってます(笑)大人も子供も。

 

 

屋根の上の窓群

 

 

栗丸太柱の回廊 

軒が気持ちよく低いです。

 

 

中へ入ると

吹き抜けのエントランスホール

黒い点々は漆喰の中に埋められた炭の塊

 

 

有名なバウムクーヘンを買う人達の長蛇の列を横目に見ながら

そのまま進むと大きな池のある庭に出ます。

右手はカフェの”栗百本” 

むこうにある異形感ある建物は社屋部分

 

 

”栗百本”の回廊も軒が低いですね〜

ベンチに腰掛けて池を見るのにょうど良い高さになっています。

又は子供の目線高さかな

カフェではオムライスを頂きました。

古代米のご飯に卵もおいしかったです。

 

 

池を囲むように曲線描いている草屋根の回廊

こちら内部は漆喰と木のしましま

 

 

中央の池は

春には田んぼになります。

正面、銅版の海坊主みたいで存在感あります。

しかしなぜかこの場所にすごく馴染んでいます。

 

 

子供たちに人気の土の家

小人の家みたいで中に入れます。

 

 

”草屋根”と”栗百本” の遠景

地面から生えてきたみたいですね

波打つ園路の土間にはすさが埋め込まれていて

土に馴染んでいる質感と形状が面白い雰囲気です。

 

 

”草屋根”庭側ファサード

遠景と合わせて、

なんとなくロシアの教会を思い出しました。

 

 

広々とした空の下

どこもゆったり、飄々としていて

なんだか楽しい場所でした。

また田んぼが青々とした季節にも行ってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(→ スタッフ募集中です  )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:24 | - | - |
| 1/102PAGES | >>